FC2ブログ

2019-10

記憶の中の晩秋の風景



恥ずかしながらこのところずっと、気持ちが塞いでいます。
深夜や明け方近くに目を覚まして眠れなくなることも多く
なって。

昨日はよく晴れたので、お買いものがてら歩き回ってみました。
そのおかげなのか、昨夜よく眠れました。(しかも大寝坊で大慌て)


父が逝ってから来月で2年になります。
そんな日が近づいて、折にふれて思い出すことも増えていますので
ますます塞いでしまうのかもしれません。

一昨年の今ごろは父の病院へ自転車で行っていた頃です。
この病院へはいつも電車、車、バス、タクシーで行っていましたが
高校時代に自転車でよく通った懐かしの道と言うこともあり、
最後の方は自転車で行くようになりました。
それよりも何よりも、道中ひとりになりたかったからだと思います。
とくに病院からの帰り道は。

いろんなルートで病院を目指す…こんなことにも気が紛れました。
山側にある古い松並木の道を通ったり、海の方から行ったときは
迷って到着が遅れたりして。

今でも印象に強く残っているのは、父の亡くなる前日の帰り道でのこと。

あの日はこのまま家に帰りたくなくて、わざわざ知らない道を選んで
走っていました。
そのうち偶然、民家の立て込む細い路地を見つけて、その中を走って
西を目指すことに。時々止まってお庭などちらりと拝見しながら…。

掃き清められた狭い道。小さなお庭は背の低い木々や植え木鉢で
緑がいっぱい。ちょっとした秘密基地みたいにも見えました。
静かだけど微かに人のいる気配がして、午後のゆっくりした時間を
過ごしているのかなと思いながら、夢心地で走っていました。

その路地の先の開けた所に出ると、神社がありました。
もうずっとご無沙汰しているこの神社、まさかこんな所に続いていたとは…。
驚きながらも懐かしくなって奥の方を見ると、まっすぐに伸びた
参道に目が留まりました。

無性にそこを歩きたくなり、お邪魔することに。
ついでに神社の様子を撮って父に見せようと思いついて。


神社の中ではとても穏やかな時間を過ごせました。
ずっと私につきまとっていた、悲しみやそんなものがやんわり癒えた
ような…そして父との最後の時間を静かにゆっくりと一緒に過ごそう
と決意も出来ました。

偶然だと思いますが、不思議大好きな私としては、この時何かに
呼ばれたのかも…なんて思っていたくて。

その後、この近くに住む友人宅へ自転車でお邪魔した帰りにこの路地
や神社に足を延ばそうかと思ったけれど、やはりまだ無理みたいで…。
(いつかは行ってみたいのですが)


Charlie Puth - Cheating on You





この時期は日の暮れるのがとても早いですね。
一昨年の病院からの帰り道では、見慣れた風景に近づくごとに
薄暗くなっていき、帰宅する頃は夜のように暗くなっていました。

外から見える我が家は暗くシーンとしていて、見ていたら
とても侘しい気持ちになりました。
それまではこんな家の姿を見ることはなかったと思います。
いつも誰かしらいて、あかりが灯り、生活の音がしていたのに。

憂鬱な気分でドアを開けると、猫兄弟が暗がりの中で鳴きながら
出迎えてくれて、そんな姿を見たらほっとしました。
それまではなんとなく、よその家のように思えていたけれど
ここは確かに「うち」だと感じられて。
これからは私が明るくして、生活の音をもっともっとたてなくちゃ
と思ったのですが、今もなかなか…。


この時期に思い出すのはこんなことばかり…。
寂しげなことを長々とすみません。












10月最後の日曜日のこと



今朝はきれいな朝焼けを見られたので、晴れるのかと
思ったら午前中はどんより、曇り空でした。

先週水曜日に晴れた後はずっとこんな調子です。
曇りか雨ばかり。
一昨日のどしゃ降りの雨と昨夜の小雨で庭はしっとり
濡れて、庭仕事意欲は激減しています。


昨夜は早くに寝てしまい、目が覚めたのは午前3時
ちょっと過ぎ、外は真っ暗。
それから案の定、考えごとが始まってしまいました。

最近になって再び、小さく不快に思うことが続いて
いて、ほんとうはけっこうまいっています。

以前の私は「愚痴って忘れる」「気にしない」で、一掃
していましたが、今はそんな風に出来なくて、湿っぽい
嫌な感情がいつまでもまとわりついていたりも。

昨年同じように感じていたときには、雨の音に混ざって
父の「気にするな」と言う声が聞こえたような気がしたり。
もちろん気のせいですが、心の奥でそんな言葉を聞きたい
と思っていたのかな。
今回は自分で思う以上に疲れているのかもしれません。

今までも挫折や辛いことを幾度か乗り越えて来たのだから
今回もなんとか乗り越えられるはず…と思うのですが
何かが変わってしまって、うまく言えないけれど半々な
気分です。前向きであり、後ろ向き。がんばれると思って
も、次の瞬間希望が見えないし、もういいかな…。

こんなことを延々と考えていたとき、近くから平和な寝息
の音が聞こえてきました。たまにぷすーなんて言ってる。
その安定したリズムを聞いていたら、重く淀んだ気分も
少し軽く…。


Tori Kelly - Don't You Worry 'Bout A Things





昼食後、寝不足の私はお昼寝をしていました。
いろんな夢を見ながら…。
ヤンキー(日本人の方の)の人が朱色の高級車に乗っている
のを遠巻きに見ているとか、半べそをかきながら海辺の崖
を上っている、などなど。

目が覚めたら晴れて日が射していて、ちょっとびっくり。
東の空にはカラスとは違う大きな鳥が水色の空を背景に
気持ち良さそうにゆうるりと飛んでいて、なんかいいなー
と思って見ていました。

日々こんな風に上へ下へ行ったり来たり。でも暗い気持ち
がどこかへ行ったのならとりあえず今日は「これでいいのだ」
なのかもしれません。(無理やりな気もしますけど…)

先日ミドリノマッキーさんに頂いたコメントにあった
「これでいいのだ」
奥の深い言葉で、今とても気になっています。


お寝ぼけの乱文ですみません。











つかの間の秋晴れの日

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

風邪のまにまに



今週に入ってからずーっと、曇りや雨の日が
続いています。
今日は少しだけ日が射したのにまたすぐどんより。

最近は急に寒くなって、20度を下回る日も
ありました。風邪引きさんも増えていますね。
先日ついに私もそのお仲間入りをしました。

一昨日辺りから怠くなり、喉はいがいが、お鼻は
むずむず、咳も少々…こんな風邪の諸症状がちら
つき始めて。
今のところ熱はないのですが、大事をとってベッド
の上の住人になっています。

現在ベッドの回りはコックピットのようになって
いて、手をちょっと伸ばせば何でも取れるように
してあります。
編みかけのブランケットの入った籠やポータブル
DVDプレーヤーにラジオやタブレット、読みかけ
の本、ハンドクリームや飲み物とおやつなどなど。
かたわらには猫が寝そべっていて…ちょっとした
天国です。


David Guetta ft. Kelly Rowland - When Love Takes Over





風邪が治ったら…秋晴れの日に片道約15分の所に
あるスーパーマーケットまで、ウォーキングがてら
歩いて行く予定です。
デニム地の大きなバッグを持って、スニーカーを
履いて、てくてくと。
ここには思い入れがありまして、一昨年以来行けな
かったのですが…もうそろそろ大丈夫かなと思って。

風邪に逆らわず、しばらくは寝たり起きたりゆるり
と過ごします。

では、良い週末をお過ごしくださいね。
(風邪にはご注意を…)















空は灰色、憂いを含んで



先日の台風ではご心配をいただき、ありがとうございました。
お陰さまで人間も猫も家も無事です。

静岡県に上陸した時から、今まで体験したことのない
ようなものすごい風が吹き出したので驚きました。
竜巻が起こるのではないかと思ったほど…ほんとうに怖かった。

あの夜の私は、A HAUNTINGを観ながら嵐をやり過ごそう
と思っていましたが、あの猛烈な風にすっかり怖気づいて
しまいました。(観られませんでした)


この台風による川の氾濫が相次いで、浸水被害に遭われ
た方や亡くなった方の数が日が経つにつれ増えています。
被災された方々に心よりお見舞い申し上げますとともに
一日も早い復興をお祈りしています。


台風一過の日曜日は晴れて30℃にもなりましたが
その翌日から気温がぐーんと下がって22℃に。
ずいぶんと極端ですよね。

そんなのの影響でしょうか…?一昨日の晩から妙に気分が
塞いでいました。
いなくなった人たちのことばかり想い、懐かしくなるやら
切なくなるやら。そのうち今度は不安になったり…また。
(いつも湿っぽくてすみません)


George Michael - Freedom ! '90

デヴィッド・フィンチャーが監督。当時の一流モデルたち
が出演しています。L.エバンジェリスタ、C.クロフォード、
N.キャンベル、T.パティッツ、そしてC.ターリントンの
骨格の美しいこと…






こんな時たまに、ヒントのような言葉にばったり出会う
ことがあります。
今回は銀色夏生さんのエッセイを読んでいたら、ばったり。


つれづれノート⑰「きれいな水の冷たい流れ」から。

こんなふうにいろいろ考えることや先の心配のすることや
鬱々としたことがある時って、もう過去も未来も考えないで
ただ目の前のことに身をゆだねて、素直に対応するしかない。
とにかく将来を思い煩わない、心配してもきりがない。
まわりを見ると、みんなそれぞれにいろいろある。
何もない人なんていない。ときどき幸せになり、ときどき
不幸になりながら、人は生きている。


いつも気にとめておきたい言葉はしばらくすると忘れて
しまうことが多いので、今回も紙に書いて目につくところ
に置こうと思っています。
「急いては事を仕損じる」他、と一緒に。

実は佐藤愛子さんの「損得や世間の評判や常識を無視すれば
何も怖いものはない」…も見える所にあります。
ちょっと過激な気もするけれど、この文章や作者の発する
パワーを感じていたくて。


最近は心身の調子の良くない方が多いような気がします。
(私もですが…)
こんな気候です。無理をしないで楽にしてお過ごしくださいね。


















嵐の中で



目がくっきり・はっきりして、勢力のとても強い
大型の台風が、ここ関東地方に近づいてきています。

今朝目覚めてすぐに聞こえたのは、激しい雨音と
その遥か後方から聞こえてくるような海鳴りでした。

いろんなところで台風前の備えを…と言っているのを
聞いていたら気が急いてしまって。
昨日はラジオやランプに蝋燭の準備、水の確保etc…
パタパタしていたらやる気が出てきて、庭木の剪定も
してしまいました。
(今になってこんな時にしてよかったのかな、と)

風がひどくなるからオリーブの枝先を切っておこう
と思い立ち、小雨の降る中、剪定を始めました。
オリーブの他、伸びきっていた黄金葉アベリア、紅花
トキワマンサク、花の終わったジンジャーや、昔から
あって名前のわからない木など…。

雨が強くなる前にやってしまおうと張りきって切って
いると、足元に落ちていたオリーブのシルバーリーフ
に赤い滴がひとつふたつ付いているのを見つけました。

やっちゃった?と思って手を見ると、右手の人差し指
の付け根の小さな傷から赤いものがゆっくりと溢れて
いて。それを見たとたん、痛みがじんじんと。
(今まで感じなかったのに…不思議)

あわてて家に戻って傷口を水で洗って消毒をして、
薬を塗ってからバンドエイドを貼って、再び作業に
戻りました。

いつもだったら大騒ぎして両親に見せて回っていた
けれど、今回はひとり静かに騒ぎました。
猫達は寝ていて相手にもしてくれず。

こう言うときこそ落ち着かないと。
仕切り直してからその後は気持ちも静まり
ゆっくり作業をすることが出来ました。


Kylie Minogue - Got To Be Certain





今日はバスタブに水を溜めました。たっぷりと。
これでひととおり、台風の備えは出来たと思います。
もう少ししたら早めの夕食の仕度をして、あとは
嵐が去るのをじっと待ちます。

でもやっぱり落ち着かないので、気を紛らわすために
A Haunting を観るつもりです。
これは以前ディスカバリーチャンネルで放送していた
ときに録り溜めていたもので、まだ観ていないものが
あるので。こんなときにはちょうどいいかもしれません。


今は東から叩きつけるような強い雨が降っています。
(雨戸に当たる音の大きいこと)
こちらは今は警戒レベル3ですが、きっと4になる
と思います。
これから台風が上陸する地域の皆さんはくれぐれも
お気をつけください。

大きな被害が出ないことを祈って。




7:19p.m.さっき静岡に上陸したみたいです。
今、恐ろしいくらいの風が吹いています。
A Haunting を観る…なんて軽口を叩けない
くらいの。












暗い気持ち



先週の土曜日は朝からの軽い頭痛がだんだん
ひどくなり、夕方近くまでダウンしていました。
先週は夏が戻ってきたかのような暑い日も多かったし
ストレスや何やら重なったからかもしれません。

ベッドの上で痛みをじっとこらえながら、暗いこと
ばかり考えていました。(頭痛時のいつものパターン…)

歳をとるのが怖い、認知症になったらどうしよう、
この痛みはママと同じ病気かも、クロ(猫)の膀胱炎
が再発したらどうしよう、この先楽しいことって?
なぜあんなに曲解するのか?言葉を選んで話すこと
は疲れる、その他いろんな事を…。

その夜やっと痛みから解放されて、久しぶりにとる
食事を美味しくいただき、ほっとしたのですが…。
その翌々日、深夜に目が覚めてから不安感、寂寥感、
孤独感などいろんな負の感情に囚われて眠れなくなって
しまいました。

愚痴っぽいツイートをしてから(いつもすみません…)
暗い中ゴミを出して、起きてきたクロとしばらく庭で
ぼんやり。
その後、家に入ってクロのおしっこをチェック。
あのせせらぎの音を聴いていたら、安心して気持ちも
おさまって…朝まで一緒に眠りました。


Mary J. Blige, Taylor Swift - Doubt





昨日はふと思い立って、予定をキャンセルして
砂浜を歩いてみました。
威張って言えることではないのですが、私は昔から
ごくたまにこんなことをするのが好きでした。
小さな罪悪感を感じつつも、特別な時間が出来た
ような気がして嬉しくなって。

夏の去った平日の海岸は少々波が高く、流木がいっぱい
ありました。
そしてお馴染みの釣り人たちや、砂浜をそぞろ歩く人、
保育園のお散歩と思われる小さな団体さまがそれぞれ
のんびりしていました。

ダルメシアンみたいな石。




今まで気がつかなかったけれど、近くにこんな古い塀が…。
面白いデザインなのでパチリ。




私はなぜか塀に目が行くことが多いようです。
それも古くからあるもの。
もし路上観察学会入り出来たら、塀の専門になりそう。

週末は台風が来るみたいですね。
台風はもちろん、気圧の変化による体調不良にも
お気をつけください。





















懐かしの



昨日はなぜか、昔大好きだったドラマのことを
思い出していました。
「文學ト云フ事」と言う、かなり前にフジテレビの
深夜帯に放送されていた文学作品をドラマ化した番組です。

キャッチコピーは
「この番組は文學を読むための壮大な予告編である」

もしかしたらご存じの方もいらっしゃるかも?

その当時の私はいつもパタパタしていて、ドラマはおろか
TVをちゃんと観ることがあまりなくて。
いつもお肌のお手入れをしながらなんとなく眺めていたり、
電話でおしゃべりをしながらTVの画面を目で追っている
ような状態でした。

この「文學ト云フ事」は、偶然見つけてひと目惚れ。
以来録画してじっくり観ていました。


プロデューサーの片岡K氏の独特の世界観と、古き良き日本
の姿が、バックに流れる音楽と相まって、優しい夢の中に
でもいるような…。





他にも錚々たる文学作品がずらり。
今も知らないものがいくつか…いくつも。

「或る少女の死まで」室生犀星
「浮雲」     二葉亭四迷 
「オリンポスの果実」田中英光
「雁」        森鴎外
「三四郎」     夏目漱石
「斜陽」       太宰治
「青年」       森鴎外
「蓼喰う虫」   谷崎潤一郎
「人間失格」     太宰治
「野菊の墓」   伊藤左千夫
「箱男」      安部公房
「美徳のよろめき」三島由紀夫
「蒲団」      田山花袋
「みずうみ」    川端康成
「友情」    武者小路実篤
「老妓抄」    岡本かの子


観ていたら私も何かしら読んでみたくなったのですが
行動には移せませんでした。
番組終了後何年も経ってから、ようやく文学の世界の
端っこにそろりとお邪魔することが出来ました。

なるべく読みやすそうなものを選んで。
(中には当てが外れたものも…)

先ず川端康成「掌の小説」、谷崎潤一郎の「細雪」
と「痴人の愛」を。
とくに「細雪」は私好みで、すいすい読めました。
一応「陰翳礼賛」も。(読みかけのまま、もう何年目?)

それから太宰治の「斜陽」、三島由紀夫の「花ざかり
の森・憂国」(憂国の切腹の描写がすごくてまいって
しまった…)などなど。





昨夜YouTubeでこの番組を観ていたら、あの頃の明るくて
ワクワクするような気分に出会えました。
当時も嫌なことや「!」と思うことが時々あったけれど
しゅんとしてから、わりと早く立ち直っていました。
落ち込む暇もなかったみたい…そんな時代でした。

そのお陰なのかな?先週末から怒ったり、げんなりしたり
が続いていましたが、今日の気分はやや穏やかな気もします。
まだ負の感情は少し残っているけれど、普通の気分?です。
今のところ…。


では、良い週末をお過ごしくださいね。













NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

mikoto

Author:mikoto
音楽、映画、読書、写真鑑賞、庭仕事(カラーリーフプランツを中心に東南アジアの気配がするような庭を目指しています)、花は白、猫、自然、怪談、散歩、薄明の頃、eagle 810etc…が好きな40代、天秤座・A型です。

12年前に適応障害になってからなんだか違う世界にいるみたい。(今は「こんなはずじゃなかった病」です)日々浮きつ沈みつしながらも「小さな嬉しいこと」を見つけて、静かに心穏やかに暮らしたい…と思っています。なんとなく背暗向明で。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ご挨拶 (11)
私のこと (4)
家族 (17)
友人 (3)
小さな嬉しいこと (17)
日常 (45)
寂しげ… (6)
暗中模索 (12)
心穏やかな (13)
弱気 (23)
お散歩 (25)
本のこと (17)
映画 のこと (9)
庭仕事の愉しみ (6)
思い出 (26)
不思議… (9)
twitter (5)
言の葉 (3)
夢いろいろ (7)
お気に入りのバラード (9)
お気に入りの曲 (15)
好きな風景 (13)
昔の写真 (7)
お守り写真 (6)
色のこと (2)
未分類 (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR