FC2ブログ

2020-09

揺れる


今日も曇りです。

でも、空中雲がびっしりの重苦しい曇りではなくて
わりと軽やかな曇りです。
雲間から青空がちらり、雲の上には明るい世界が
あるような感じのする曇りです。
(さっきまでは。今は雲びっしりに…)

昨日はほんとうに変わりやすいお天気でした。
雨が降ったりやんだりを繰り返していましたが
お昼頃には雨が上がって日が差して、相模湾の
南の空には入道雲が連なり、東に見える海は青く、
その後ろの山や海岸沿いの建物、緑地などの様子
がはっきり見えました。
空気が澄んでいたのでしょうね。

嬉しくなって浮き立つ気持ちをツイートして
いたら、弟の「もうすぐ雨が降るよ」の声が…。
するとほどなくして雨が降りだしました。

ほんとうに激しい雨で、スコールと呼ぶのが
相応しいくらいの。
この激しい雨が我が家の亜熱帯風な庭に降って
いるのを見ていたら、ここは東南アジアなの
かもしれないと錯覚しそうでした。


昨日の夕暮れ散歩にて。
ぼんやりで申し訳ないのですが
空が綺麗だったので。


20200727105901319.jpg 


連日のこんなお天気のせいなんでしょうか…
最近はとくに情緒が不安定になっているみたいです。
(毎回そんなことを書いている気もしますが…)

先日は母の命日もあって、昨年の今ごろのことを
思い起こすことが多かったから、ますます不安定
になっているのかもしれません。

命日の翌日には久しぶりに母の夢を見ました。

病院でいつものように寝ているはずの母が目を覚まし
ていて、私を見ると「来てたの」
それからぽつりぽつりとおしゃべりをしていたら、
こんな風に会話をするのは何年ぶりだろうと思い
悲しくなってしまいました。
そして母の手を握って泣いていたら目が覚めて
あれは夢だったんだ…としばらく呆然としていました。

夢の中で泣くことは辛いですね。
目が覚めてからも泣いたまま、悲しい気持ちを
引きずって。


John K - 6 month





昨夜はなんだか居心地が悪いような感じがしていて、
心許なくもあって、何て言うのか…難しいです。
とりあえずノスタルジーに浸ろうと思い、トレーニング
の報告をしてから、1杯のワインで心を温め、ほぐし
ながら、昔の写真や日記、頂いたカードなどを見て
ノスタルジーに浸って元気を思い出していました。
(ついでに私の世界みたいなものも)

昔、親友から貰ったカード。
3年前の夏にこちらに書いたことのある人です。
何度読んでも初めて読んだときの気持ちが蘇ります。
なんだかすごいことを書いているのですが、
これまた彼女らしくて…。
読むたびに嬉しくて、ちょっぴり恥ずかしいような。



でもノスタルジーに浸りすぎてもいけないみたいです⚠
何事もほどほどがいいのでしょうね。
よろしかったら…
「懐かしい気持ち」がもたらす、意外なメリット


いろいろ…ほんとうにいろいろあるけれど
新しい1週間を心穏やかに過ごせますように。














緑雨のあと



今日の朝のうちは弱い雨が降っていましたが、今は止んでいます。

冬の雨は冷たくて身も心も凍えてしまうけれど、この季節の
温かい雨は落ち着いていいですね。優しい感じもして。

雨で庭の草木はしっとり。木の幹は水分を含んで色濃くつややか。
そして生き生きして見えます。
こんなのを見ていると不思議と気分が和らぎます。


雨降り前の昨夜は、波の音と風の音だけがよく聞こえていました。
外に出てみると、我が家のハゴロモジャスミンの白い小さな花が
暗がりに静かに浮かび上がって、辺り一面には甘い香りが漂って
いました。
夜空には雲に覆われた月がぼんやり…とても穏やかないい夜でした。


Tom Misch - Movie





でもこの何日かは頭痛に見舞われたり、過眠だったり、憂鬱だったり、
不安だったり、疑心暗鬼に陥ったりしてざわざわ…落ち着きませんでした。
自分の立ち位置を見失っているような、バランスを崩して一方に片寄って
いるような感じもして。

それにこの十何年かで根付いてしまったよろしくない考え方の癖みたい
なものがなかなか抜けず、事あるごとに心の中は上に行ったり下に行ったり
の大騒ぎ。
どたばたしつつも、今はなんとか修正しているところです。
波をひとつ乗り越えるたびに、小さな良い変化を感じられるような…。

このよろしくない考え方の癖を今まで野放しにして、それに甘んじて
いたところがあったので、これはちょっとした進歩かもしれません。
(私事ですみません。しかも漠然として…)

これからも気負わずにゆっくり、取りかかるつもりです。



雨が上がって少し明るくなって














菜種梅雨と思えば…



今日も曇り(今にも雨が降りそう)で、寒くてやはり静かです。
こんなお天気・雰囲気が続いてもう3日め。
つられて気持ちがますます重く、湿っぽく、思考はネガティブに…。

朝目が覚めてもパッと起き上がれず、しばらく目の前にある
本棚の色とりどりの本の背表紙を眺めながら、意思の疎通の
難しさを思ったり…こんなことがいつまで続くのだろうと思う
とますます気が滅入ってしまいます。
ひとしきりあれこれ考えて、とりあえず何か温かい飲み物を
飲もうと思うと少し元気が出て、ようやっと立ち上がれます。

最近の朝はずっとこんな調子です。暗い感じ…。

こんなときは、素敵かわいい温かい優しい懐かしい笑える…
そんなもの・者・物に触れて、明るい気持ちを思い出したくて。
何かないかな?と、周りをきょろきょろ見回しています。

でも今夜は「毒をもって毒を制す」予定です。
Incarnateで。
約2時間は浮き世のもやもや、忘れられそうです。


昨日はツイートで自分を叱咤激励して、気持ちをupしようと
思ったのになぜか緊張しちゃって、かえって元気な人の足を
引っ張るようなつぶやきをしてしまいました。

でもそのときリツイートした曲が素晴らしかったのでこちらにも。
ヴェルディの歌劇ナブッコから
行け、わが想いよ、黄金の翼にのって
このナブッコのVa pensiero は昔、母が練習していたような
気もしますが、あまり記憶にありません。

昨日じっくり聴いてみたらとても素晴らしくて。
そして心強くなりました。
ニューイヤーコンサートでラデツキー行進曲を聴いているとき
のような、誇らしいような気持ちにも…。
(語彙が貧困なのでちゃんとお伝えできなくてもどかしいです)
こんな催しがあったら母は絶対参加したがったはず…。
そんなことも思いながら聴いていました。


Coro virtuale "Va pensiero" ("Nabucco " di G. Verdi)
- International Opera Choir





今朝は近所のお宅に来ている大工さんたちが立てる音や
笑い声にほっとしました。(しかも時々何か歌っていた)
こんな時に人の笑っている声がするとほっこりしますね。

早く晴れてほしいけれど、当分こんな調子みたいです。
でもまぁ、連日の暗い空模様やしとしと降る雨も菜種梅雨
と思えば…。















早朝寒稽古



最近、新しい朝の習慣になりそうなことを見つけました。
それは早朝に家を中心に円を描くように左回りに歩くこと。
私はそれを「早朝寒稽古」…と呼んでいます。

この寒稽古を始めるきっかけとなったのが、先日ご紹介しました
ひすいさんの本の記事でした。

私は相変わらず気力が出なくて…。
(いつもこんなことばかり…すみません)
これは運気が下がっているから?何年かに一度の悪い年なのかも?
まさか何かに祟られている?もしくは試練を与えられている?
なんていたずらに思っていたら、この前読んでいたひすいさんの
本の中に運気をあげる方法の記事があったことを思い出しました。

その記事によりますと、運気をあげるために大切なのは気の流れ。
気の流れは家を中心にしてあるそうで、自分が寝起きをする場所
が気の中心になるとありました。寝室ですね。
気とは電気のことで、自分の電気をためる所、充電する所が家な
んだそうです。

そして家の気をあげるには、自分の気をあげるのが一番だとか…。
その方法は朝早く起きて、家を中心に円を描くように「左回り」
で散歩すること。その散歩が意味するものは充電。

でもなぜ「左回り」なのか?ちょっとわからなかったので調べて
みたら、風水の世界では時計と反対回りの「左回り」は自然界の
エネルギーを吸収し、「右回り」はエネルギーを放出するそうです。

地球の法則に当てはめると、地球の「自転」も、地球が太陽の周り
を回転する「公転」も「左回り」(…そうだったんですね)
「左回り」は自然界の法則であるとありました。
なので人は「左回り」の方が活力を得られると考えられているとか。

心理学の「左回りの法則」にも言及していたけれど、長くなりそう
なのでこれにて。


フォローしているAFNのお好きな方のツイートからお借りして…。
今1番好きな曲。

Niall Horan - Nice To Meet Ya





この寒稽古では古い道を通るのですが、ここは四季を通じて頭上
を鬱蒼とした木々に覆われています。晴れた日には木漏れ日が
きらきら。
この道を歩くのはとても気持ちが良くて。ちょっとした森林浴に
なっているのかも。
この道は昼もうす暗く、夏にここを通ると空気が急にひんやりして
まるで別世界に踏み込んでしまったかのよう。
ずっと残っていてほしい道のひとつです。


今朝の寒稽古で胸の中に巣食っていたもやもや、少しだけ払えた
ような気もしています。
こんな風に心地良くなれるのなら、この寒稽古をしばらく続けて
みてもいいかな、と。あまり難しいことは考えないで気楽に…。
(ただし寒いシーズンはゴミの収集日の朝限定になりますけど)

後ろ向きのことが多いけれど、それでもやっぱり良い状態になり
たくてこんな風にあれこれ試してしまいます。
で、気がつくとけっこう楽しんでいたりして…。
きっとこれは遺伝なんだと思います。父の方の。


では良い週末をお過ごしくださいね。
















10月最後の日曜日のこと



今朝はきれいな朝焼けを見られたので、晴れるのかと
思ったら午前中はどんより、曇り空でした。

先週水曜日に晴れた後はずっとこんな調子です。
曇りか雨ばかり。
一昨日のどしゃ降りの雨と昨夜の小雨で庭はしっとり
濡れて、庭仕事意欲は激減しています。


昨夜は早くに寝てしまい、目が覚めたのは午前3時
ちょっと過ぎ、外は真っ暗。
それから案の定、考えごとが始まってしまいました。

最近になって再び、小さく不快に思うことが続いて
いて、ほんとうはけっこうまいっています。

以前の私は「愚痴って忘れる」「気にしない」で、一掃
していましたが、今はそんな風に出来なくて、湿っぽい
嫌な感情がいつまでもまとわりついていたりも。

昨年同じように感じていたときには、雨の音に混ざって
父の「気にするな」と言う声が聞こえたような気がしたり。
もちろん気のせいですが、心の奥でそんな言葉を聞きたい
と思っていたのかな。
今回は自分で思う以上に疲れているのかもしれません。

今までも挫折や辛いことを幾度か乗り越えて来たのだから
今回もなんとか乗り越えられるはず…と思うのですが
何かが変わってしまって、うまく言えないけれど半々な
気分です。前向きであり、後ろ向き。がんばれると思って
も、次の瞬間希望が見えないし、もういいかな…。

こんなことを延々と考えていたとき、近くから平和な寝息
の音が聞こえてきました。たまにぷすーなんて言ってる。
その安定したリズムを聞いていたら、重く淀んだ気分も
少し軽く…。


Tori Kelly - Don't You Worry 'Bout A Things





昼食後、寝不足の私はお昼寝をしていました。
いろんな夢を見ながら…。
ヤンキー(日本人の方の)の人が朱色の高級車に乗っている
のを遠巻きに見ているとか、半べそをかきながら海辺の崖
を上っている、などなど。

目が覚めたら晴れて日が射していて、ちょっとびっくり。
東の空にはカラスとは違う大きな鳥が水色の空を背景に
気持ち良さそうにゆうるりと飛んでいて、なんかいいなー
と思って見ていました。

日々こんな風に上へ下へ行ったり来たり。でも暗い気持ち
がどこかへ行ったのならとりあえず今日は「これでいいのだ」
なのかもしれません。(無理やりな気もしますけど…)

先日ミドリノマッキーさんに頂いたコメントにあった
「これでいいのだ」
奥の深い言葉で、今とても気になっています。


お寝ぼけの乱文ですみません。











NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

mikoto

Author:mikoto
音楽、映画、読書、写真鑑賞、庭仕事(カラーリーフプランツを中心に東南アジアの気配がするような庭を目指しています)、花は白、猫、自然、怪談、散歩、薄明の頃、eagle 810etc…が好きな40代、天秤座・A型です。

12年前に適応障害になってからなんだか違う世界にいるみたい。(今は「こんなはずじゃなかった病」です)日々浮きつ沈みつしながらも「小さな嬉しいこと」を見つけて、静かに心穏やかに暮らしたい…と思っています。なんとなく背暗向明で。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ご挨拶 (11)
私のこと (4)
家族 (17)
友人 (3)
小さな嬉しいこと (17)
日常 (45)
寂しげ… (6)
暗中模索 (12)
心穏やかな (13)
弱気 (23)
お散歩 (25)
本のこと (17)
映画 のこと (9)
庭仕事の愉しみ (6)
思い出 (26)
不思議… (9)
twitter (5)
言の葉 (3)
夢いろいろ (7)
お気に入りのバラード (9)
お気に入りの曲 (15)
好きな風景 (13)
昔の写真 (7)
お守り写真 (6)
色のこと (2)
未分類 (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR