FC2ブログ

2019-08

今朝の空。
荘厳な雰囲気がしていました。











ぼんやり写真ですみません。



HAIM - Summer Girl






さっきは南の空に小さな虹がほんの少しの間だけ現れました。


いいことありますように。











夏の疲れと心模様


こんにちは。

最近は朝晩だいぶ涼しくなってきましたね。
蝉の声に少し覇気がなくなって、だんだん秋の虫の存在
が目立ってきました。
今朝は蝉の声と秋の虫の声が混ざって聞こえて、なんとも
不思議な世界に…。

涼しくなったせいか、今朝は(も)怠くて怠くて。
寝ていたかったけれどそうもいかなくて、ゴミをなんとか
持っていきました。(心の甘い囁きに抗ってなんとか…)

帰ってからはランタナが伸びすぎて大暴れしているの
を見て、これは酷いと切り始めたら、どんどんやる気が
みなぎって…。ゴミ袋ひとつ分剪定していました。

いつもは億劫で避けていても、取っ掛かりはたいてい
こんな感じです。
いざ始めてみると、案外サクサク出来ちゃったりして。

その後は兄猫におねだりされて、リードをつけて一緒に
庭に出ていました。こんなのも久しぶり。


今年の夏は昨年の夏に比べて、少しましになっているよう
な気がしています。
日常が少しずつ戻ってきていますし、それに向けて動く
ことも出来るようになっています。のろのろと、ですけど…。

それに昨年の夏の記憶があまりなくて…。
覚えているのはグミがお気に入りになって、とても美味し
かったこと(コーラ味がとくに)
それからオレンジ色に輝く火星が綺麗だったことぐらい?

他には…重く漂う寂寥感、お盆のときのちょっとした事件、
父の葬儀後いろんな人達のいろんな面を見て、ずっともや
もやしていたこと。社債のこと…それに付随した父の嫌な
面を思い起こしちゃったり。
(簡単に言いますと、ちょっとリア王みたいなところ?)

その他いろいろ思うこともあって、混沌としていました。
昨年の夏はそんな暗い記憶ばかり。


Nick Jonas ft. Anne Marie, Mike Posner - Remember I Told You

最後の方の盛り上がりの場面を見ると、研修最終日の大宴会
を思い出します。





今までは両親の庇護のもと、穏やかに過ごすことが出来て
両親にはほんとうに感謝しています。盾になり、塀になっ
てくれて。

…こんな風に書くと、箱入り娘だったかのように思われる
かもしれませんが、そんなことはなくて。
私は挫折を何度かしましたから(高1の1学期の登校拒否、
大学受験の失敗、破談事件など)波瀾万丈とまではいか
ないけれど、生粋の優等生人生を送っていた両親とは大違い…。

やっぱり先月は疲れました。父のときほどではないけれど…。
今になって疲れがじわじわ出てきている感じがしています。
しばらくは何も考ないで、ぼんやりしていたい。
水の上に浮かんでいるような気分で、ゆらゆらしていたいです。


コメント欄を開けさせていただきました。
いつもあれこれ勝手をしてしまってすみません。
またお付き合い頂けたらとても嬉しいです。


それと、乱文でごめんなさい。
















気だるい木曜日


こんばんは。

今日は朝起きたときから、体が妙に怠くて重くて
ようやっと動けるような状態でした。

外を見れば一面の灰色の空。
そんなのを見ていたらなんとも言えない嫌な気分に…。

外からは涼しい風が入ってきて快適なのに、気分も重く。
11月のことを思ってはげんなりしたり、いつもは気に
ならないことがやたらと気になったり。
「もういいことなんてなさそうな気分」にもなっていました。

最近調子の良くない方をちらほら見聞きしていますが
この重苦しいお天気が気分をネガティブな方に導いて
いるような…?


明日で母が旅立ってから1ヶ月になります。
その前日、先月の今日もどんより曇って、
時折小雨が降ってじめじめしていました。
その日の朝は大慌てで、家からタクシー
で病院へ向かいました。

ひょっとして今日辺り危ないのかもしれないと思いながら
ぼんやり車窓の風景を眺めると、街はいろんな人々の
動きに溢れていました。
クリーニング屋さんから出てきた妙齢の女性や、話ながら
歩くふたり連れのかしこまった装いの女性たち、くつろいだ
雰囲気の男性、犬の散歩をしている女性etc…

そんな人々を見ては、みんな幸せなのかな?でも悩んでいる
ことのひとつやふたつくらいあるかもしれない…なんて思って。
それになぜかこの見知らぬ人々の日常の姿に、ほっとしても
いました。

…時々夢の中に出てくる、見たことのない人たちはいったい
何者なんだろうといつも不思議に思っていましたが、
もしかしたらこういう感じで見かけた人たちなのかもしれない
と思ってもみたり。


このときの初老のタクシー運転手さんとのおしゃべりも
強ばっていた気持ちをちょっぴりほぐしてくれました。

無理な運転をする車にドキッとした後、私たちのおしゃべり
が始まりました。
あまりこの地域を知らない方なのかな、と思っていたら
(最初はちょっと頼りなくて心配だった…)県内に住む方で
病院近くの大きな川には釣りでよく訪れるれるそう。
何が釣れるか聞いたけれど、忘れてしまって…。鮎かな?

涼しくなったら母の面影をたどって、こちら方面を訪れたい
と思っています。本当に懐かしくて…。すべてのことが。


MNM : kungs - This Girl





あの日見た風景や、そのとき感じた気分を思い出しながら
この記事の下書きを書いていたら、重かった気分が少し
軽くなりました。

さらに大好きなマンゴーのアイスクリームを食べながら
本棚の隅にあった山田詠美さんの昔のエッセイを読んで
いたら、なんとなく一件落着。

一時期友人につられて山田詠美さんを読んでいましたが
私はどちらかと言うとエッセイの方が面白くて好きです。
(お人柄も)


夏は暑くても晴れていた方がいいですね。やっぱり。



今回コメントをお休みさせていただきます。
申し訳ございません。

いつもありがとうございます。










夢枕に立ったの?


こんばんは。

先日、弟が珍しく自分からこんなことを言ってきました。
先月の16日の夜に母が夢枕に立ったと。

でも夢枕に立つのは普通、故人ですよね…?

その頃の母の状態は、会わせたい人がいれば連絡をする
ようにと言われていたほど弱っていたけれど存命でした。
…弟はきっと夢を見ていたのでしょうね。

実は私にも「夢枕に立たれたような」体験があります。

昨年の記事に頂いたコメントのお返事にも書いていますが
これは友人が亡くなった日の夜の出来事です。

夜うとうとしていたら、いきなりおでこを小突かれてびっくり。
お部屋には私だけなのに…。ちょっとドキッとしました。

小突かれたと言ってもからかうような軽快な感じでした。
同時に今日亡くなった友人のクスクス笑いの声がしたような…。
こんな時だからそんな夢を見たんだと思っていました。

後日友人の妹さんから聞いた話によると、彼女は亡くなる前に
「(死んだら)みんなの所を一回りする」と言っていたそう。
それを聞いて、やっぱり…と。腑に落ちた気がしました。

彼女との思い出は今も色褪せることなく、はっきり、くっきり。
ケンカしたこと、彼女の外国人に対しての物怖じしない社交性
(ちょっとおばさんっぽいノリ)に、呆気にとられたこととか…

それから…高校時代の生物の時間は、私がいつも教科書を忘れ
ていたので(本が分厚くて重くて家に置きっぱなしで…)
彼女の教科書を見せてもらったり。
お互いの机をくっつけて授業に臨んでいました。
「まったく、◯◯こは!」と言いつつも楽しそうだったような?
(私は楽しかったです)
彼女は双子姉妹のお姉さんで責任感が強く、真面目な人だった
から、私もついつい甘えてしまって。

あの出来事は夢の中のことかもしれないし、そうじゃないかも
しれません。真相は謎のまま、このままずっと曖昧でいいと
思っています。思い出して気持ちが温かくなれるだけで十分…。


Tom Misch - Crazy Dream feat. Loyle Carner





しつこいかもしれませんが、私はこんな不思議な話や怪談が
大好きです。派手な怖さのない、背筋が冷んやりするような
ものが好きです。なので文豪怪談はお気に入り。

あと、古典の先生が授業中に披露してくれた不思議な話が
怖かったです。(毎回不思議な体験を語ってほしかった)
学生時代に体験した田舎の神社での出来事とか…。
静かに恐怖しました。


今日も朝から異常な暑さでした。午後は今年初の34℃に…。
しかも靄がかかったような、すっきりしない晴れで。
怪談の本を読んだり映画を観たり、気持ちを冷やして?
残暑を乗り切りたいですね。















台風前の砂浜そぞろ歩き

こんにちは。

今朝は思い立って海を見に行ってきました。

ずっともやもやしていたので気分転換をしたくて。
それに台風前の荒れた海をどうしても見たかったから。

海岸前に着くと、砂浜へ向かう道を大きな鉄の門扉が
立ち塞がり、こんな看板?お知らせ?が掛けてありました。





端っこをすり抜けて砂浜に出ると、朝5時台の海岸には
大きな波の音が轟き、波が砂浜の奥の方まで迫って来て
いました。

海岸は靄がかり閑散として、釣り人の姿も見当たらず。
いるのは私と石原裕次郎さんに似たおじさまのふたりきり…。
(背格好がそっくり!)
あと名前のわからない小さな鳥がちょこちょこと。





なるべく近くで撮りたかったのですが、怖くて。

いきなり波がものすごいスピードで足元まで滑るように
やって来たので、あわてて後ろに引き返しました。
引き潮の、あの抗えない強さを思い出してドキドキ。





こんな時はいきなり意表を突くような大波がやって
来るので油断は禁物です。

いつものように「癒しの海…」なんて、近くでぼーっと
したり、私は泳ぐのが得意だから万が一の時も大丈夫…
なんて傲っていると大変なことに。






湿った潮風に吹かれながら、海を遠巻きに眺めながら
人生を波にたとえてみたり。


Simple Plan - Summer Paradise ft. Sean Paul





いつもの海に戻ったらまた見に行くつもりです。
もちろん早朝か夕方の涼しいとき限定ですけど。


人の言葉に救われて、自然から諭されて。
今日は少しだけ元気になれそうです。


こちらは台風の気配のする怪しい風が出てきました。
いよいよこれから雨風がひどくなりそうです。
みなさん、くれぐれもご用心くださいね。










新しい夏のワンピースの日


こんばんは。

毎日快晴です。

昨日も今日も海からの風がとても強くて涼しいので
時々扇風機を使うくらいで暑さを凌いでいます。

毎日大きな海なりの音がよく聞こえています。
海なりも強い風も台風の影響なんでしょうね、きっと。
お出かけの帰り道、波を見たくて海にちらっと
寄ってみようかなと思ったけれど、この日差しの強さ…。
速攻で帰りました。

今日はお家用のコットンのマドラスチェックの
ワンピースを新調しました。(夏らしい感じの)
ストンと着られて、身も心も軽くなってとっても楽。
それに新しい生地の匂いはいいですよね。

こんな風に新しいワンピースを来てご機嫌なとき
それに気づいた母が「あら、いいわねー」と
ニコニコして見ていたことを思い出します。

そう言えば母も夏はワンピースを着ていました。
この数年見ていなかった。懐かしいです。
母はエキゾチックな色彩の大柄の花模様とか
ペイズリー柄のワンピースが好きでした。

私は母と趣向がまるで違っていて、例えるならモネ
(庭仕事の心の師匠)の描くような淡い色彩が好きです。
それにペイズリーはなぜかあのムシを連想するのでちょっと…
(ペイズリーをお好きな方、ごめんなさい)


The Internet - Dontcha






今日は昔の写真を。
劣化が激しくてお見苦しいかと思います。
すみません。


先日のツイートの女子大生たち。





このおふたりが誰なのか不明ですが
すごい!と思ったのは、女の子を抱えながら
右肩にフクロウをとめていること。剥製?本物?





昔の猫たち。子猫の小さなまぁるい背中は
いつの時代も変わらず可愛いですよね。





…?ここは学校?学生さん?





こんな風に写真を見ていて誰なのかわからない
ときは、いつも「母がいたら…」と思います。
今回の写真のフクロウが本物なのか、なぜ肩に
乗せているのか気になって仕方ありません。

この他にも聞きたかったことがいっぱい。

なぜ油絵をやめてしまったのか、他の絵はどこに
しまってあるのか。好きな画家って誰だったのか。
よく話していた初恋の人小田切くん?は今どこに?
知らせようにも住所がわからないし、安否も…。

こういうことを考え始めると、切なくなってしまいます。
まだまだ。
















朝涼み

おはようございます。

4:00a.m.ちょっと過ぎに猫に起こされて…。
カリカリをあげたり、網戸にして外を見せたり。

何飲もうかな?朝はお素麺かキュウリの
サンドイッチかな?なんて思いながら
東の窓を開けたら息を飲むような素敵な光景が…。

例によって雑ですみません。
なんとなくぼやけているような感じもします…。
ちゃんとお伝え出来るか自信がないけど
ほんとうに素敵な朝焼けでした。





今回はTwitter風に。

もうしばらく朝涼みを楽しもうと思います。

今日も暑さにげんなりすると思いますが
こんな風に素敵な夏の瞬間を見つけられたら…。















心の洗濯日和

こんばんは。

今日もとても暑かったけれど、相模湾沖の島がはっきり
見えるくらいにすっきり晴れていました。

穏やかな青い海はどこまでも広がって、水色の空には
小さな雲がひとつ、ふたつ、みっつ。

涼しい風に吹かれながら、そんなのを眺めながら
ぼんやり…。久しぶりにゆっくり、のんびり出来た
ような気がします。

昨日は芙蓉の花が咲いていました。
葉っぱの形が変わってしまってお見苦しいのですが
ありのままの姿で。
(きっとすごく美味しかったのでしょうね)





この芙蓉を見つける前は庭の中を大捜索していました。
と言うのも先々週の水曜日、クタクタになって帰宅した
とき、庭に右のピアスを落っことしてしまったので。

リュウノヒゲが鬱蒼としているゾーンに転がった気配
があったけど、探す気力が出なくて昨日になってやっと。

すぐに見つかると思っていたのですが、見つからなくて…。
これ以上屋外にいるのは危険だったので早々に撤退しました。
ぼつぼつ探すつもりです。


Vo. の Crista Ru がキュート。
The Knocks - Classic feat. Powers





昨夕は、ちょっと遠方に住む友人が来てくれました。
母が好きだったゼリーをお土産に。
その心遣いがとても嬉しかったです。
さっそく私もふたつばかり、ちゃっかり頂きました。
(さっぱりして美味しかった)


今週こそは、嫌だなーと思うことを片付けないと…
なんですが、なかなか動けないでいます。
いつもいたずらにあれこれ考えてしまうから
ますます気後れすると言うか、億劫になって取りかかる
までに時間がかかってしまいます。(本当に悪い癖)

でも、やってしまえば案外簡単だったりしますし、
やり遂げたときには自信にも繋がるはずです。
この前もそうだったから…。
ご褒美でも用意して、なんとかがんばらないと。


引き続き熱中症にはお気をつけくださいね。













真夏日読書

こんばんは。

毎日ほんとうに暑いですね。今日の室内は今年初の32℃に…。

この暑さにまだ慣れていないから?それとも疲れが出てきたの
でしょうか…最近ちょっとぐったりしています。

先週は気が張っていたからなのか、わりとしゃんとしていました。
葬儀の翌日も掃除機をかけていましたし、用事のために炎天下
の街を平気で歩いたり。

でも今週になってからは、だんだん動きが鈍くなっています。
今朝も泳いだ後のように怠くなって…。
本でも読みながらゴロゴロしていたい。じっとしていたい。

…夏に読む本は、なぜかいつも特別な感じがします。
子供の頃の思い出に関係しているのかも?

夏休みの宿題の読書感想文(大の苦手)のために、夏の涼しい
午前中に本を読んだり…(そのあと海やプールへ)
当時本を読む習慣のなかった私にとって、この時間は非日常
にいるような、不思議でとても居心地のよい時間でした。

それから夏の家族旅行の前日になると、父に連れられて
近くの本屋さんで道中に読む本(まんが)を買ってもらう
習慣がありました。

それは電車の中で読む特別な一冊で、旅の友。
本(まんが)を選ぶと、次は父の厳しい検閲が…。
その場でパラパラと流し読み。
ダメだったらどうしようと、ちょっと緊張のひとときでした。

今までの夏の読書で印象的だった本は、伊集院静氏の「遠い昨日」
です。伊集院氏の文章が好きなこともあるけれど、長友啓典氏の
カバーデザインにも惹かれて。


「遠い昨日」から

つい数分前に別れた人や風景の記憶が
おそろしくはやい速度で遠ざかって行く。
それとは逆に忘れほうむられたと思っていたものが
今から出逢うはずの時間の前にあざやかによみがえる。
私が見ようとしている時間。
私が見てきたすべての時間。
そこへ大人でも子供でもない自分が立って
あやふやな生きるという一瞬を
こわごわと綴ってみたい。


今年の夏は母の本棚から、何かしら借りて読もうと思っています。
でも源氏物語関連のものが多いし、光源氏にもちょっと…。
司馬遼太郎氏の街道を行くシリーズに落ち着くかもしれません。


Savage Garden - I Want You





昨日は母が使っていた、柴犬の抱き枕を洗いました。
側に置いてあげようと思って。

こちらはTwitterから。
持って行く前に記念にパチリ。



この子の名前はブラウニー。
名前の由来はその日のおやつがブラウニーだったから。


しばらくこの暑さが続きそうです。
暑さ負けしないでくださいね。













NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

mikoto

Author:mikoto
音楽、映画、読書、写真(鑑賞)、庭仕事(カラーリーフプランツを中心に東南アジアの気配がするような庭を目指しています)、花は白、猫、自然、怪談、散歩etc…が好きな40代、天秤座・A型です。

12年前に適応障害になってから、なんだか違う世界にいるみたいです。日々浮きつ沈みつしながらも「小さな嬉しいこと」を見つけて、静かに心穏やかに暮らしたい…と思っています。なんとなく背暗向明で。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ご挨拶 (8)
私のこと (5)
家族 (21)
友人 (4)
小さな嬉しいこと (9)
日常 (37)
寂しげ… (5)
暗中模索 (7)
心穏やかな (14)
弱気 (20)
お散歩 (16)
Twitter (4)
本のこと (13)
映画 のこと (7)
庭仕事の愉しみ (6)
思い出 (17)
不思議… (7)
言の葉 (3)
夢いろいろ (3)
お気に入りのバラード (7)
お気に入りの曲 (10)
好きな風景 (11)
昔の写真 (11)
御守り写真 (4)
色のこと (2)
未分類 (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR