FC2ブログ

2017-10

自転車に乗って


こんばんは。

今日は思いきって、自転車に乗って父のお見舞いに行って
まいりました。

自転車に乗るのは本当に久しぶりです。無事に病院に行かれ
るのか心配でした。(違う形で行ってしまいそうで)

最初はヨロヨロしましたが、病院につく頃には勘を取り戻し
て難なく走れるようになっていました。

父の病院へ行く道は、高校生時代にみんなと大笑いしながら
自転車で走った道を通ります。
(箸が転がっても笑っちゃう時代なので)
放課後には"大きなパフェ"が評判のお店を目指して、こちら
には足繁く通いました。

いつもは車かバスかタクシーで、サッと通り過ぎていました
ので、何十年ぶりかに自転車でゆっくり走ってみると変わった
所が多くて驚きました。
お店が増えたり、違うお店になっていたり、なくなって空き地
になっていたり…。
銀杏が増えて、黄色い葉っぱが青い空に鮮やかに映えていたり。
そんなのを横目で見ながら用心深く走りました。

私はよそ見をして、追突したことが過去2回ありましたので
気をつけないと。


父は日に日に衰えているようです。
昨日と今日は、大昔の教え子たちや従姉たちが来てくれたので
ご機嫌でした。

外には出られないので、山や猫やご近所の写真を見せたりして
います。最近はダメ出しをされていません。

私が自転車で来たことに、とても心配していましたが明日からは
毎日、自転車で行くつもりです。


なんとなく、こちらです。

Brian MaKnight 「 After the Love Has Gone ( with David Foster ) 」





今月もいろいろありまして、ご心配おかけして申し訳ありません。
そして、いつもコメントや拍手をいただいてありがとうございます。
特に弱っている時には励みにさせていただいていますし、
とても嬉しいです。

来月もどうぞよろしくお願いいたします。









Read More »

心の師匠(庭仕事編)


こんばんは。

本格的に風邪を引いてから、かれこれ5日目になります。
今日はやっと起きることが出来ましたが、
まだだるさが残っています。

昨日はほとんど寝て過ごしていました。
でも、だんだん憂鬱になってしまって
なんでもかんでも悪く受け取る癖が出てきました。

これはいけないと思って、起きて窓を開けて
空気を入れ換えました。
外気に触れると気分も軽くなるような気がします。

もっと元気になったら、庭仕事を始めようと
参考にしている(崇拝している)ガーデナーの本を
久しぶりに眺めていました。


Aji-Niwa

川本 諭





時の経過を感じさせる
「サビ、コケ、ペンキのはげ落ち」が庭のAji つけ


朽ちかけたフェンスのサビやポットに生えたコケ、庭に置いた椅子のペンキの
はげ落ち、レンガを覆いつくすグランドカバー。こんな時の経過を感じさせる
エッセンスが、庭にAjiわいを与えていく。
庭のベースは人の手で造ったとしても、生長した植物と雨風を受けて形を変え
ていく雑貨や構造物がなじんだとき、ようやく心を解放できる場所になるんだ
ろうな。はき古してクタクタになったジーンズが心地いいみたいに、美しく整
ったものよりも古めかしさを感じるAji-Niwa が、やっぱり僕にはちょうどいい。
                          
                          (本文より一部抜粋)



こんな感じの色とりどりの緑の葉っぱが中心の庭が憧れです。





アジアっぽいのもいいです。





秘密基地のような感じ?





正面が心の師匠の川本 諭さん。右側の感じをまねしたい。





そしてこちら。
なんだか忘れられなくなっている曲です。


Clean Bandit 「Rather Be」





心に余裕がなかったり、雨が続いて地面が湿っぽくて嫌で
しばらくさぼってしまったので、そろそろ庭仕事も始めよう
と思っています。













風邪の日に思うこと。


こんばんは。

昨日は台風一過の清々しい晴天になりましたね。
撮ってみました。こちらです。





実は、私は本格的に風邪を引いたみたいなので
今日は朝から寝ていました。

昨日の朝も妙に怠くて、なんだか肩が重いような
こってるような感じでしたし、軽い立ちくらみも
ありました。
お昼頃には元気が出ましたので、張り切って掃除を
していたら、夕方になってからすごく怠くなって
しまいました。

今朝も怠くて怠くて、寒気がして、鼻声にもなって。
熱はありませんが、どうやら風邪の症状みたいです。

今私自身の具合が良くなくて、少し心細いせいも
あってか、昔の知人を曲と共に思い出していました。
外国に一人でいて具合の悪い時は今の私以上に
不安で、とても心細かったのでは?と。

その知人とは、以前私の勤め先にいたインターンの
ドイツ人学生のB。
彼女は金髪碧眼、体格はがっしりしていて、
身長が180㎝はあったはず。柔道着が似合う感じ?

最初は無愛想でしたし、何かにつけて私のことを
ジーっと見るので、感じが良くありませんでした。
嫌われている?とすら思っていました。
転機が訪れたきっかけは現在入院中の母でした。

彼女が体調を崩して、しばらく欠勤していた時に
上司に呼ばれ、いきなりお礼を言われました。
なんでも、母がお菓子を持って彼女を見舞ったそうです。
母にBが体調を崩して休んでいることは話しましたけど
お見舞いに行ったことは知りませんでした。

Bはとても喜んでいたんですって。
心身ともに頑丈で強そうな人でしたけど
体調を崩してからは弱気になってしまい
とても寂しがっていたそうです。

母に聞いたところ、家族や友人のいない外国で
具合が悪くなっては、さぞかし心細いだろうと。
これが自分の娘だったら…と不憫に思ったそうです。

それと、幼い頃祖父の勤め先にいたドイツ人技術者と
その家族とは家族ぐるみのお付き合いをしていたので
ドイツの方がとても懐かしかったと。
(母は昔写真でご紹介した祖父の一人娘です)

母のお陰で、彼女と私のわだかまりが溶けて
(そこそこ)仲良しになれました。
駅で会うたびに大袈裟にハグ。(すごい包容力でした)
もちろん、英会話の練習相手にもなってくれましたし
ドイツ語が珍しくて、おねだりして話してもらったり。
訳わかりませんでしたが、異国のいささか堅苦しいような
響きが珍しくて聞き入っていました。

当時、彼女が好んで聴いていた曲です。
彼女はマット・ビアンコ派でしたが
私はマイケル・マクドナルドの声が好きなので
今回はこちらです。


Doobie Brothers 「 What A fool Belleves」





母とは必ずしも、仲の良い母娘ではありませんでした。
なんだかんだありましたが、こんな風に感謝することも
多々ありました。
歩けるようになって、また一緒にお散歩出来るように
なるといいのですが…。

今日は心配事の全てを(ほぼ)忘れて過ごせました。
寝ながら音楽を聴いたり、読書したり、またうとうとしたり 。
隣には猫。静かにゆっくり時が流れました。

風邪にはくれぐれもお気をつけくださいね。
あと、なんだか読みづらくてすみません。


















温まる

こんばんは。

最近毎日のように雨が降るので
いい加減嫌になりますね。

お天気に関係なく、私はずっと憂鬱のままです。

父の部屋に入れば、いつ帰れるのかな?
また夜道を歩けば、母と夜のお散歩をしたのは
いつが最後だったのかな?
肌寒かったからカーディガンを持っていこう
と言っていたような…そんな頃?など思っては
悲しくなっています。

それに同居する弟は昔からシニカルなところ
のある人なので、話しているとますます気分
が滅入ってしまって…。

「大丈夫!」と元気に言ってくれそうな人を求めて、
そんな声を聞きたくて、Yさんに電話してみました。

5歳上のYさんとは小学生の頃からのお付き合いになります。
自宅でお仕事をしながら、昨年までお母さまを看ていました。

最近はいろいろ相談したり、愚痴を聞いてもらっています。
いつも最後の方になると元気になって、噂話をひとしきりして
笑って終えられます。(その後しばらくは前向きでいられます)

いつも明るい人ですが、この何年かは大変だったそうです。
泣かない日はなかったと仰っていました。
今は穏やかに、好きなことを思う存分楽しんで暮らしています。

今回も愚痴や心配事を聞いていただいたので、
気持ちが8割方晴れましたし「なんとかなるよ。大丈夫!」
と、力強く励ましてもらいました。
私はこの言葉をとても聞きたかったのだと思います。

思えば母も(何年か前までは)こんな風な人でした。
いつも泰然としていて。
何があっても安心していられました。


昨日はあまりにも寒かったので、心も体も温まりたくて
保険のことをいろいろしつつ、おでんを作りました。
二人なのに、いつもと同じようにたっぷりと。
かなり恥ずかしいのですけど、こちらです。





ちなみに私の好きな具は大根、ちくわぶ、昆布、しらたき、
玉ねぎ、はんぺん(今回はいっぱいだったのでなし、です)

我が家のおでんにはいつも玉ねぎは必須。
私は玉ねぎが大好きで、食欲のない時も玉ねぎを
バターで炒める、美味しそうな香りがすると
何かしら食べたくなります。


それと、一昨日は珍事がありました。
自宅の屋根から茶色いものが降りてきたので
猫かハクビシンかと思い、窓を開けたらなんと!猿でした。
真っ赤なお顔で、茶色の毛がフサフサ(ボサボサ)していました。

でも目が合ったとたん、何か気に障ったらしく
拳を振り上げるような感じの、すごい勢いでこちらに
向かってきたので慌てて窓を閉めました。
本当に怖かったです…目を合わせてはいけないのですね?

その後、陰から観察していたら(暇なので)
道に飛び出して左右確認してから去っていきました。
する事が人間そっくり。
前にも猿が屋根にいたことがありましたけど
温和な猿だったみたいで、しばらく見つめ合ってから
普通に去っていきました。
猿にもいろいろなタイプがいるのですね。

あまりの怖さに、憂鬱な気分も吹っ飛びました。
(この気持ちのままでいたかった)

来週は台風が来るそうなので、気を付けてくださいね。













人心地ついて…

こんばんは。
今日も朝から弱い雨の降る、寒い1日でした。

先日は父の入院の支度やら何やら、
いろんなことが重なって、疲れ果ててしまいました。

先月から本当にいろんな事が起こりました。多分、人生初です。
こんなことって。ですから、ちゃんと受け止められず動揺する
ばかりで、ただただ月日に流されている感じがしていました。

最近の私は心もささくれ立っていて、自暴自棄になりそうでした。
それに、いつも以上に強く感じる不安、絶望、焦燥他などの感情
を持て余していました。イライラして、弟とも口論になることが
多くて。恥ずかしいのですがちょっと人に八つ当たりも…

でも、いろんな方の温かいお心遣いに癒されたり、相談にのって
頂いたり、愚痴を聞いて頂いたり…
人の優しさに触れることが出来て、ようやく人心地つくことが
出来ました。ありがとうございます。


ネガティブな感情の数々を消化吸収して、いつかは私の心の糧にも
なればいいのに…。そんなことを思いつつ、こちらです。

Alanis Morissettoe 「Thank you 」





入院中の父も今は落ち着いているようです。
家にいるよりも安心出来るのかもしれません。

先月から入院中の母…こちらは安定していて、近々転院してリハビリ
になります。歩けるようになるのかな?とか、頭の方もちょっと…。
と、心配は尽きません。

以前…三年前くらいに同じ病気で入院していた隣家のおばさまは転院
してから、半年かかって退院されていましたので、そのくらいは
かかるのかもしれませんね。

今の私は風邪もひいていますし、しばらくはゆっくりペースで過ごす
つもりです。

不安で心が折れそうになる時もありますけど優しいもの、美しいもの、
心が温かくなれるものなどを見聴きしながら、なんとか乗り切れたら
いいな、と思っています。

上手く言えませんけど、今はこんな風に感じています。
(ちゃんと書けていなくてすみません)


度々ご心配をおかけして申し訳ありません。
いつもありがとうございます。











季節の移り変わり


こんにちは。

今日は朝から冷たい雨が降り、最高気温は20度℃です。
昨日は夏のように暑くて30℃に…。
夕方までは麻のノースリーブのワンピースで過ごせました。
(さすがに夕方は冷えたので…)

今年に入ってから、中学時代の友人たちと話すことが増えました。
特に先述の情報通のR君は何かと話題を提供してくれます。

クラスメートたちのこんな変化を多く聞くようになりました。

お調子者でマスコット的存在のS木君が脳梗塞で入院していたとか
N川君も同じ病気で作年末まで入院していただとか。
前にも書きましたがトライアスロンの大会に参加予定だったH郎君が
練習中に心筋梗塞かなにかで急逝したり。
親の介護中のY子ちゃん、病気療養中の人がふたりetc …

40代にもなると、家族や自身の健康問題が大きくなるのですね。
R君とは20代の頃によくおしゃべりをしていましたが
今話す内容は当時とはまるで違ってしまいました。
いつの間にか季節も移り変わっていたのですね。


こちらは映画「リリィシュシュのすべて」
のサントラです。
沖縄の方言でSalyuが歌っています。
朧気に空間を漂うような歌声が好きです。





今日から父が入院となりました。
先日の風邪以来、すっかり弱って
しまいました。

年が年ですので、覚悟もしています。
でも両親共に回復して家に帰って
来られるといいな、と願っています。


今回はとても疲れてしまいましたので
コメント欄をお休みさせていただきます。
すみません。













長閑な休日(久しぶりの)


こんにちは。

今日は気持ちの良い快晴ですね。
朝から窓を開けていましたが
さすがに風は冷たかったりして。

久しぶりに、昨日・今日と
平和で長閑な休日を過ごしています。

実は昨日から少し元気が出るようになっていて、
大掃除をしたり、庭の手入れ他をしたりしました。

驚いたのは、いつの間にか2メートル近くある、
黄色い小さな花が咲く雑草?が蔓延っていたことです。
もちろん、植えた覚えはありません。

無心になって、くたくたになって、心地よく疲れて。
アイスコーヒーを飲みながら、ハングライダーが
飛んでいるのをぼんやり眺めながら、のんびり
出来ました。


昨年までの休日はお向かいに住む中学生の
女の子の弾くピアノの音が聴こえていました。
和やかな、理想的な休日って感じでした。

それ以前はEと言う、お父さんがドイツ人の
女の子一家が住んでいました。
(彼女が2歳から~6歳までここにいました)

Eちゃんは裸足で叫びながら外を走り回ったり、
隣家の池に飛び込んだり(泳いだり)
うちの花を根こそぎ引っこ抜いたり(その他いろいろ)
と、ワイルドで賑やか過ぎる女の子でした…。

そのドイツ人のお父さんは、休日に時々チェロを
弾いていました。
そんな時は、周囲にいつもと違う雰囲気が漂って
とても落ち着いた、いい感じになっていました。
チェロの演奏をBGMに気分良く庭の手入れを
したりして、いい時間を過ごせました。

時々懐かしく思い出します。今はどうしているのでしょう?
もう日本にはいないかもしれません。
なんせ、地震をとても怖がっていたようなので…。
(聞いたところによると、ホームシックにもなっていたとか)

またある時は、どこかの家から「コンドルは飛んでいる」他、
あまり聴いたことのない、南米っぽい音楽が流れていた時も
時々ありました。これはすごく珍しかったので、
じっくり聴かせていただきました。

こんな風に休日のいろんなお宅から
音楽が聴こえてくるのはいいですね。
なんだか、ほっとします。


お気に入りのバラードです。
(新しくカテゴリーを作ってみました)

最近のライブでの映像もありましたが
ちょっと何でしたので、こちらに。


Christopher Cross 「Sailing」





今まで体調が悪いから、疲れているからと
ずっと自分を甘やかして、大事にしすぎたのも
かえって良くなかったのかもしれません。
気力を失うことにもなっていたような気もします。

でもやはり、今朝も目覚めは最悪。
5時頃にふと目が覚めて、不安やら
何やらにざわついてしまいました。
(二日酔いの朝の方がましにさえ思えます…)


しばらくはこんな調子で、ほぼ曇りで
時々雲の切れ目から日が射すように
ちょっとだけ明るくなったりなんでしょうね。

でも取りあえずは、何があっても頑張れたらいいな、
と思っています。


また乱文になってしまいました。
すみません。
















秋寒


こんばんは。

今朝は本当に寒かったですね。
こちらは夕方になって
雨がけっこう強く降りだしました。

今日は(も)ちょっと大変でした。
父が風邪をひいたみたいで発熱。
37度の微熱でしたが、老体には辛いはず。
午後にかかりつけのお医者さんに往診して
いただきました。

そのせいか今、本人はとても弱気になっています。

親父が来た夢を見たとか(熱のせい?)、
もうあと数年の…などと、今まで聞いたことの
ないようなことを口にしています。


昔から「座右の銘が克己心」の人でしたし
弱音を吐いているところを
私は見たことがありませんでした。
なのでちょっと、びっくりしてしまいました。

昨日も叔母に、体力がなくなったことや物忘れが
増えたことを憂えて「もう生きていてもいいこと
がない」…なんて言っていたそうです。
叔母もすごく驚いていました。


なんとなく、この曲です。

Daniel Powter 「 Bad Day」





春には親友を亡くして深く落ち込みましたし、
今度は母の件がよほどショックだったのだと
思います。

やはり寂しいのでしょうね。
ですから、この頃はなるべくおしゃべりを
するようにしています。
(ちょっと億劫な時もあります…)

最近はあまりお散歩が出来なかったので
近所を撮って見せたりもしています。
変わり果てた街並みを一緒に嘆いたりして。

写真に関しては、いつも必ずダメ出しされています。
(木の)幹をいれた方がいいの、道路がどうのこうの…
昔から趣味で写真を撮っていましたので、ちょっと煩くて。

その影響で、私も小さい頃から写真を撮ることが好きでした。
でも撮るときはもう適当…。
(ひょっとして何か写るかも…とちょっと期待しながら)


今の父は心身共に弱っていますので
以前のように熱く応援するのではなくて
これからはやわらかく?サポートしようと
思っています。

なんとか少しでも良くなって
箱根の実家旅館へ行くのが目標です。
(さすがに温泉は無理だと思います…)


季節の変わり目なので、
風邪にはくれぐれも気をつけてくださいね。

















十月はたそがれの国


こんにちは。

今日は朝から曇っていましたが
午後から晴れてきたので、少し嬉しくなりました。
でも、暑くなりましたね…

お陰さまであれから父は落ち着いています。
それに。あれは嫌だ、これなら食べてもいいと
またワガママも始まっています。
(時々聞き流しています)

母の方が今度は少し思わしくなく、
当分入院となりました。
日々、一進一退を繰り返しています。
(そう言うものなのかもしれません…)

10月は1番か2番目に好きな季節なのに
今年はなんだか妙な雰囲気で、
違う次元にいるような感じすらしています。

早くに目が覚めて、しばらく眠れない状態が
続いていますが、一昨日は久々に綺麗な朝焼けを
見られました。

こんな光景を見ると、ほんの一瞬ではありますが
とても癒されますね。



そしてトラウマの音楽のこと…。

先日、いつも拝読しているブログの方の記事に
ベートーベンの楽曲にトラウマがあることが
書かれていました。
それを読んでいて、私もベートーベンの楽曲に
トラウマがあったことを思い出しました。


私は小学生の頃から怖い話が好きで、
どうしても怖い本が欲しくて、外出する母に
おねだりしてお土産に買ってもらったのが
古本屋さんで購入した、ちょっと古いのものでした。

その本は"地味に怖い"挿し絵入りの短編集で、
その中で一番強く印象に残ったのが
南方で亡くなった青年兵のお話でした。

それは、日本から遠く離れた戦地で亡くなった
青年の霊が自宅に夜な夜な現れて、ピアノを弾く
…というもの。
それも決まって「ベートーベン月光第一楽章」でした。

月光ってどんな曲?…どうしても知りたくて
放課後に友人たちと先述の音楽室を訪れて、
先生に頼んで聴かせてもらうことになったのですが…

放課後の薄暗い木造の音楽室でこの曲を聴いていたら、
深い森の奥の、底無し沼に囲まれた寂しい廃城などの
不気味なイメージが出来上がってしまいました。 
それに、この曲を青年の霊が夜な夜な弾いていたなんて…
以来この曲が怖くて聴けなくなりました。





その後いろんな経験を経て、大人になって
改めてこの曲を聴く機会がありました。
その時初めてこんなにも幻想的で美しい曲
だったの…と、感慨深いものがありました。
その時トラウマは克服・解消しました。

今のような気分の時に聴きたい曲のひとつです。
(第二楽章も好きです)


*  タイトル「十月はたそがれの国」(THE OCTOBER COUNTRY )は
  大好きなレイ・ブラッドベリの短編集です。
  今回はこちらからお借りしました。(今の感じにぴったり?)
  萩尾望都さんが漫画化した作品も多いですし
  とても面白いですよ。
  ちなみに私のお気に入りは「びっくり箱」「群集」「風」
  気持ちに余裕が出来たら読み返してみようと思っています。


今の私はこんな風な調子ですので
ちゃんと書けているか自信がありません。
読んでいただいて、ありがとうございます。
(すみません)














 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

mikoto

Author:mikoto
音楽、映画、読書、写真(鑑賞)、庭仕事(カラーリーフプランツを中心に東南アジアの気配がするような庭を目指しています)、花は白、猫、自然、怪談、散歩etc…が好きな40代、天秤座・A型です。

12年前に適応障害になってから、なんだか違う世界にいるみたいです。日々浮きつ沈みつしながらも「小さな嬉しいこと」を見つけて、静かに心穏やかに暮らしたい…と思っています。なんとなく背暗向明で。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ご挨拶 (8)
私のこと (5)
家族 (21)
友人 (4)
小さな嬉しいこと (9)
日常 (37)
寂しげ… (5)
暗中模索 (7)
心穏やかな (14)
弱気 (20)
お散歩 (16)
Twitter (4)
本のこと (13)
映画 のこと (7)
庭仕事の愉しみ (6)
思い出 (17)
不思議… (7)
言の葉 (3)
夢いろいろ (3)
お気に入りのバラード (7)
お気に入りの曲 (10)
好きな風景 (11)
昔の写真 (11)
御守り写真 (4)
色のこと (2)
未分類 (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR