FC2ブログ

2019-10

春…粛々と

こんばんは。

今日はよく晴れたのに、けっこう冷え込みましたね。

日中は猫と共に庭に出て、一仕事してリフレッシュ
出来たのですが、よその猫の落とし物を見つけてしまって
ちょっとげんなり。
この件に関して私にはトラウマがありまして、今もまだ
忘れられずにいます…。

実は私、3月からの不調がまだ続いていまして
恥ずかしながら、今ものろのろと過ごしています。
精神的にも脆弱…依然として気力が出なくて
集中力もなくて。

それに加えて先日母がまた発熱したり。
こんな心配事や、起きてもいないことをあれこれ考えて
ざわざわすることがしょっちゅうです。(本当に悪い癖)

さらに心の奥にわだかまっているものもあって…。

こう言うことは胸に納めておくべきなのかもしれませんが
少しだけ書かせていただくと、ひとつは家族とのコミュニ
ケーションの問題。
そして自分のことを棚にあげて言ってしまうと(図々しくて
すみません)実のある人と、ない人がいるという事を
目の当たりにした事など、一昨年の晩秋からずっと燻っています。


頑張らないといけない頃なので、なんとか気持ちを整えたい
と思って、いろいろ調べていて思い出したのが、
以前ブロ友さんが記事に書かれていたマインドフルネスでした。

瞑想…のことは今もよくわかりません。
座禅なら昔、研修の時に1度だけ体験しましたがあんな感じ?
あまりよく覚えていませんが、清々しい気持ちになれたように
記憶しています。(打たれなくて、ほっとしたことも…)


Anita Baker - Giving You The Best That I Got





今回は本格的にマインドフルネスを実践してみようと思いました。
先ずは本をじっくり読みたくて、以前もうひとりのブロ友さんが
ご紹介されていた本を注文しました。が、今日届くはずなのですが
…まだ。


この春は内面を見つめる時、整える時だと思って粛々と…。


まだまだ寒い日もありそうなので
寒暖の差にはくれぐれもお気をつけくださいね。














新春細雨のちに富士山

あけましておめでとうございます。

元旦から毎日良いお天気でしたね。
今日ももちろん、いいお天気で部屋の中はぽかぽか
していました。

でも残念ながら私の三が日は、しとしと絶え間なく
降る雨の中で暮らしているようでした。

案の定、大晦日の夜から大きくへこたれていました…また。

12年前の「大雪崩」の時以来のへこたれ方で、
この時感じたような殺伐とした雰囲気や、外の景色が色を
失ったように見えたり、家の中がいつも以上にひんやりと
感じられたことなどが当時とそっくりでした。
あと、空虚感、絶望感などの負の感情に囚われたりも。

お陰さまで母は無事に年を越せましたが、いつも以上に
電話の音に神経質になっていました。
それに父宛の年賀状も来ていて。そんなのを見たらますます…


どうしたら気持ちが楽になれるのか、ずっと考えていました。
で、思いついたのが12年前のあの辛かった頃に戻ってみること。

当時読んでいた本を読み返して、映画を観て、あの時感じて
いた気分を思い起こしてから、快復するまでの気分を辿って。
今回も大丈夫、乗り越えられると信じながら。

そのおかげ?か、わかりませんが
昨日は久しぶりに少し気分が楽になりましたので
外へ。用事が済んでからは神社でお参りもしました。
私はやはり弱気が続いて、気力がどうにも沸いてこない
のでこちら方面を祈願しました。

For Kings &Country - Joy




昨日はあまり寒く感じなかったので、
いつものように素足にスニーカーで軽快に歩きました。
(あのどんよりした3日間が嘘みたい)

こんなとき、父だったらどうしたのかな?
祖父だったらどうしたのかな?と、亡き二人に思いを
馳せながら、太陽の光と冷たい空気を気持ちよく感じ
ながら歩きました。

そしてあの場所へ…

祖父のアルバムにあったこの写真を見て
ここから富士山が見えることを思い出しました。


昭和の富士山。





こちらは昨日の、平成の富士山。
(いい加減な写真ですみません)





次は別の場所から富士山を見たいと思っています。
それにはけっこう歩かないと…なのですが
気力を蓄えるつもりで、たくさん歩くのもいいかも
しれませんよね。


新年早々、湿っぽくてすみませんでした。

どうぞ穏やかな新春をお過ごしくださいね。
















夏陰気分


こんばんは。

今日は風があって気温も29℃に落ち着いて
わりと過ごしやすかったのですが、毎日本当に暑い日が
続きますね。ニュースでは殺人猛暑なんて言っていました…

私は先日の暑さ負けから、冴えない日が続いていました。

今朝は普通に起きられたのですが、昨日の朝はお酒を飲んでも
いないのに頭がふわふわして、怠くてなかなか起きられません
でした。

思えば一昨日、必要以上に気を遣うことがあったり、
緊張していたから疲れが出たのかもしれません。
暑い所、涼しい所を繰り返し出たり入ったりも体に
良くなかったように思います。

他にも入院中の母のことが気になっていますし、家族とは
来月の件などで意見が食い違ってもめたり。友人ともちょっ
とした行き違いが続いていたりで…
そんなことが重なってストレスも溜まっているのだと思います。

そのせいか最近はずっと心がもたれている?淀んでいる?
ような感じで、好きなことをしていても気はそぞろ。
楽しくないし…全てのことに食傷気味とでも言うのでしょうか…
そして、もどかしくてイライラも。

山奥に庵か別宅でもあったら、全てから離れてしばらく籠って
いたい…そんな心境になっていました。

現実はそうもいかないので、とりあえず出来ることをして
ストレス解消しようと、体が怠かったけれど思い切って軽い
筋トレやステッパーなどをしてみました。

不安やイライラの原因、疑問などを考えながら黙々と踏みしめ
ていたら…時間にして計30分くらいでしたが、淀んだ気持ちが
すっきりしました。

まるで炎天下の道を歩き回ってから、日陰に入ったときのように
すーっと気持ちよくなって、人心地つけるような感覚でした。
…時にはこんな風に荒療治もいいのかもしれませんね。


偶然発見。夏らしいかな?と思いまして。

Frank Ocean - Pink + White




最近の夜は、オレンジ色に輝く火星を見るのが日課になっています。
(見えないとちょっとがっかり)
しょっちゅう、あの明るいオレンジ色の光を目にしていたら、
今はオレンジ色を好んで選ぶようになりました。

いつまでも見ていたくても、暑さでまいっているからすぐ眠くなって
しまいます。火星を見ながら、そのうちうとうと…これも小さな幸せ
なのでしょうね。


まだまだこの異常な暑さとのお付き合いは続きそうです。
本当に熱中症にはお気をつけくださいね。













朝の Mozart


こんばんは。

今日は気持ちのよい快晴でした。湿度が低くてからっとしていて。
時折吹く風は涼しくて、少し肌寒いくらいでした。

今日は久しぶりに穏やかな気持ちで過ごしていますが、
この何日かはいろいろ思うことがあって沈みがちでした。
ネガティブな思考にとらわれて、悪い結末ばかりを無駄に?
想像して落ち込んでもいました。

こんな時の目覚めは良くなくて、例によって4時、5時から起き
ているのですが、日の出を見ることもしないで。ただただ、ぼーっと。

気分転換に音楽を聴こうとするのですが、聴きたい曲さえ思いつ
きません。AFNを聴く気にもならないし…迷ったあげく、やっと
思いついたのがモーツァルトでした。

思い起こしてみると…こんな暗い気分の時や不安でざわざわする
時には、いつも何故かモーツァルトに辿り着いていました。

しばらく聴いていると、気のせいでしょうか?気分が紛れると言
うか、少し軽くなるような気もしました。
私は昔からドビュッシー、サティ、チャイコフスキー派(?)なのに。
でもこんな時はやっぱり、モーツァルト以外の人は考えられません…

この流れでモーツァルトを…と思いましたが、今は元気になりまし
たのでこちらにしました。

Calvin Harris , Dua Lipa - One Kiss

最近はDua Lipa がお気に入り。
Dua Lipa の低くて、紗のかかったような歌声はとても素敵です。





調べてみたら。音楽療法でもモーツァルトを聴くことがあるのですね。
植物の成長促進などにもいいとか?
よくわからないけれど…モーツァルトの、あのお人柄が作り出した楽曲
には何か明るい、よいものが潜んでいるのかもしれませんね。

これからも末永くお世話になりそうです…














心の栄養補給

こんばんは。

…今日はまた冬の寒さに戻っています。朝からずっと冷たい雨が
降っています。

今朝は父が夜釣りに行く!と言い出して聞かない夢を見ました。
危ないから私も行くと言って、着替えようとするのですが
何を着ようか長いこと迷ってる…で、急かされて叱られると言う
リアルな夢でした。

目覚めてしばらくは夢か現かわからなくて。
やっと「あ、生きていなかったんだ」と気がついて落ち込んだり。
それに着る服を迷う夢は時々見ますが、ちょっと疲れます。

こんな夢見のせいもあって、気持ちがますますさえません。
それに今日は失敗の多い日で、ちょっと沈んでいます。

なんとか調整しようとあれこれ実験?していますが…なかなか。



先日、沈みっぱなしの私に友人が自分で調べたことを教えてくれました。

強いストレスに晒され続けると、脳は防御として外部の刺激を遮断する。
ストレス以外の刺激も一緒に遮断しようとするから、ここで楽しい事や
好きな事を意識的に自分に与えないと、生きる気力が下がってしまう。
ただ休むだけでは回復しない事もある…と、朝一番のメールで。

それでこの前から、辛くてもちょっと頑張って出かけよう、と何度も
誘ってくれたみたい。
彼女のこの温かい思いやりの気持ちも、私の心の栄養になりました。

でも、楽しいこと?は、今はちょっと思いつきません。
とりあえず「美しいものを積極的に見て感動しよう」と。
で、思い出したのはバレエ。

昔は時々母とバレエやクラシックのコンサート、母の知人のコーラスの
発表会に出かけていました。
もうずいぶん昔の話です。私が不調になったり、母の(ものすごい)蘊蓄に
辟易して、次第に一緒に出かけなくなりました…。


サン・サーンスの瀕死の白鳥。
スヴェトラーナ・ザハロワが素晴らしいです。
(嫌なことを一瞬忘れられるくらい)

Svetlana Zakharova - The Dying Swan





昔、TVで瀕死の白鳥を初めて観たときは衝撃を受けました。
(マイヤ・プリセツカヤ?かな?)

腕の付け根から、指先までのさざ波を思わせるような繊細な動き。
息絶える直前の、一瞬だけ見せる力強い羽ばたき…
その表現力に息をのみました。

バレエを観たり、素敵な音楽や絵画、映画、写真を見たりして
心の栄養補給をして、少しずつ元気になれたらと思っています。


寒い夜なのにカエルの鳴き声が増えています。
美しい声…ではないけれど、聞いていてホッとします。
もうすぐ春なんだなーと思えて。
















NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

mikoto

Author:mikoto
音楽、映画、読書、写真(鑑賞)、庭仕事(カラーリーフプランツを中心に東南アジアの気配がするような庭を目指しています)、花は白、猫、自然、怪談、散歩etc…が好きな40代、天秤座・A型です。

12年前に適応障害になってから、なんだか違う世界にいるみたいです。日々浮きつ沈みつしながらも「小さな嬉しいこと」を見つけて、静かに心穏やかに暮らしたい…と思っています。なんとなく背暗向明で。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ご挨拶 (8)
私のこと (5)
家族 (21)
友人 (4)
小さな嬉しいこと (9)
日常 (37)
寂しげ… (5)
暗中模索 (7)
心穏やかな (14)
弱気 (20)
お散歩 (16)
Twitter (4)
本のこと (13)
映画 のこと (7)
庭仕事の愉しみ (6)
思い出 (17)
不思議… (7)
言の葉 (3)
夢いろいろ (3)
お気に入りのバラード (7)
お気に入りの曲 (10)
好きな風景 (11)
昔の写真 (11)
御守り写真 (4)
色のこと (2)
未分類 (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR