FC2ブログ

2019-10

夏の朝早くに



最近は日の暮れるのが早くなって
日の出がゆっくりになってきましたね。
朝の5時頃はまだ薄暗くて。

夏のこの時間帯は明るかったので
季節がゆっくり秋になっているのだと感じています。

一昨年の夏までは、早朝5時から6時台に朝食に
足りないものを買いに近くのコンビニへ行くこと
がありました。
夏の早朝の街を歩くのが好きなので、コンビニに
行った後はちょっとだけ回り道をして帰ったりも。

こっそり出かけようとすると、たいてい父に見つかって
あれこれ買い物を頼まれるのが常でした。
週刊誌だとか、アイスクリームやおやつを…。
私が行くのを待っていたとしか思えないような
絶妙なタイミングで部屋から出てきて。


早朝の閑散としたコンビニでは、犬のお散歩の人や
ウォーキング中の人をよく見かけしました。
それからサーファーに遭遇するのは土地柄なんでしょうね。

数年前までこのコンビニには、文庫本が多く置いて
ありました。村上春樹や湊 かなえ、伊坂幸太郎…
と言った作家のものが多かったように記憶しています。

あと、実話怪談も。
これは見捨てておけなくて、新しいものが棚に並ぶ
たびについ買ってしまって…。
不気味な、いかにもなカバーがちょっと恥ずかしくて、
父の週刊新潮(ときどき週刊文春)の下に隠してレジへ。

こんな風にして溜まった怪談ものの文庫本は
ちょっとしたコレクションのようになっていました。
今は断捨離しようと束ねて、廊下の隅に置いてあるの
ですが、実はちょっと気持ちが揺らいでいます…。


Silk City, Dua Lipa - Electricity ft. Diplo, Mark Ronson





父が亡くなってから、週刊新潮も文春も読むことが
なくなって久しくなりました。
今、なんだか急に懐かしくなっちゃって。

週刊文春の伊集院静氏に相談してみたかったとか
桜玉吉さんの漫画が微妙に面白かった…など
思い出していました。(まだ連載しているか心配)
たまには買ってみようかな、なんて思っています。


今までずっと、最後の方の変わり果てた父の様子が
忘れられませんでした。内視鏡の映像とか。
治療についても後悔することばかりで、思い出して
は滅入っていました。

今は少しずつですが、楽しかった日々や、普通の日々?
を思い出せるようになっています。
時が経てばこんな風に少しずつ、いい思い出を中心
に思い出すことが増えていくのかもしれませんね。
そうであってほしいです。


この何日かは日中かなり暑くて、夕方になると
すーっと涼しくなっています。肌寒いくらいに。
この気温の差のせいなのでしょうか、体が重くて怠くて。
起き抜けはとくに。
そしてお鼻はむずむず(これは花粉症?)

それに加えて「電話の音にドキドキ」が、なくなった
から?でしょうか。
緊張感がなくなって気が抜けたようにもなっています。


風邪にはお気をつけくださいね。












9月の面影



今日は暑かったですね。8月に戻ったみたいに…。

でも素晴らしい快晴の1日でした。

澄みきった青空には白いふわふわの綿菓子
(今回はアイスクリームと言うよりも…)
みたいな入道雲が、東から南の上空を途切れる
ことなく連なっていました。

こんなのを見ていると気持ちも爽やかになりますね。


先日の帰りにふと思い出して、顔なじみ?の
老木を見てきました。
江戸時代から生きている木ですが、真ん中
に大きな穴があって…。

今の姿はあまりにも痛々しいので
枝ぶりだけにしました。




このブログにこの老木のことを書いたのは
一昨年の9月頃だったと思います。
この年の9月はほんとうに大変な月でした。
入院中の母の病名が何度か変わったり、
いつまでも意識が戻らなかったり、覚悟する
ように言われたり…。

一方父の方も春頃から体調が思わしくなく、
食欲が落ちて、寝ていることも多くなっていました。
エンシュアリキッドを処方されていたのに
甘すぎて嫌だと言うので、凍らせてデザートのよう
にして食べていた頃でもありました。
(訪問看護師さんのお知恵を拝借して)

この頃は毎日緊張して過ごしていました。


老木を後にして夏の名残りの日差しが照りつける
道路を見ていたら、2年前も同じ場所に佇んで
不安で心細い思いでこの景色を眺めていたこと
を思い出しました。

改めて周りを見てみると、道路の向かいの通りには
新しい家が出来ていたり、病院の看板がなくなって
いたり、コンビニの名前が変わっていたり…。
所々に小さな変化を見て取れました。

あの時からもう2年も経つんですね。
この老木の穴の広がりと、街や我が家の変化に
歳月の流れを感じました。


Jonas Brothers - Only Human






やっぱり私は今もまだ、平均台の上を恐る恐る歩いて
いる感じがしていますが、台の高さが少しだけ低く
なったような気もしています。
(焦らず、ゆっくり歩くつもりです)


週末の台風にはお気をつけくださいね。
我が家の近くに来そうなので、
今からちょっとドキドキしています。

それにあの老木のことも心配ですが、
なんとか持ちこたえそう。
根っこの方ががっしり、たくましい感じ
がしていたから。きっと大丈夫。



















乃東枯 - なつかれくさかるる

こんにちは。
今日は朝からどんよりしています。

昨日今日と梅雨らしいお天気が戻ってきています。
もちろん良いことなのですが、なんだか心身とも
にすっきりしません…。

それに昨日は入院中の母がまた発熱したので、
落ち込んでしまいました。
先月の母の主治医との面談から、よろしくない状態のまま
1ヶ月が経ちましたが、発熱の間隔がどんどん縮まっている
ような気もしています。

その母がいつも楽しみにしている、庭の紫陽花が日毎に
色づいて、薄かったピンクもはっきりした濃いピンク色
になってきています。見たら大喜びしそう。

この紫陽花を見るたびに、元気だった頃の母を思い出します。

いつも紫陽花が山のようにこんもり咲いているのを窓越し
に眺めては感嘆の声をあげて、ニコニコしていました。
そしてその後、ほとんど切ってご近所やお友だちに配って
いました。母はこう言うことが大好きでした。

以前近くに住む友人宅へ行くときに、その家のおばあさん
にと、母に庭の紫陽花の花束を持たされました。
このおばあさんはとても気難しい人で、友人家族も手を
焼いていました。大昔はお綺麗だったそうですが、本当に?
と思えるほどいつもムッツリ。

そんなおばあさんにお花?喜ぶのかな?と、戸惑っていると
母は「女の人はいくつになっても(お花を)もらうと嬉しい
ものよ」と。お庭に咲いている花だからこそいい、というような
ことも言っていました。

渋々紫陽花を持ってお邪魔し、うちの母が…と友人に言付けて
おばあさんに渡してもらいました。
しばらくして、狐につままれたような顔をして戻ってきた友人
が言うには、おばあさんはすごく喜んでいたと。
あんなに嬉しそうな顔を見たのは久しぶりだと言っていました。

それを聞いて私も嬉しかったし、母が人にお花をあげるのが
好きな理由もよくわかりました。
だから紫陽花をほとんど切って、人にあげてしまっても
まぁいいかな、と…。


Def Lepperd & Taylor Swift - Hysteria





それと、花束を持って歩くのは気持ちがいいですよね。
たくさんの花が咲いている鉢植えを買って…
たとえば、マーガレットの大鉢なんて抱えて歩くのも好きです。
気分が高揚して快活に歩けます。(スキップしそうな勢いにも…)

花束と言えば、お仏壇に飾る花束(仏花ですね…)をもらった
珍しい体験談もあります。忘れることが出来ません。
いつか書かせていただこうと思っています。


タイトルの「乃東枯」(6/21~25)は「日本の七十二候」から。

「乃東枯」の乃東(夏枯草・かこうそう)とはうつぼぐさ
の異称だそうです。

うつぼぐさは冬至に芽を出して、夏至に枯れることから
「生じて冬至る、枯れて夏至る」と言われる珍しい植物です。
うつぼとは、かつて武士が矢を入れるために使った道具のこと。
その形に花穂が似ていることから「うつぼぐさ」の名になった
そうです。

「季節を逆らい夏に枯れる花」とあるのを読んで…。
楚々として可愛いらしいのに、ちょっぴり反骨精神
も感じられるような…。

うつぼぐさ、好きになりました。












母の日に

こんばんは

今日は母の日でしたが、うちではとくに何もしませんでした。
眠っている母の姿を見守っただけでした。

今までは「花より団子」の母には甘いものをプレゼントしていました。
(で、私もちゃっかりお相伴に…)

ずっと前はベートーベンのCDを郵送したこともありました。
一緒に住んでいるのにわざわざ。

母はマーラーやフォーレが好きで聴いていたけれど
当時の私には耳慣れない未知の音楽で、よくわからなかったので
とりあえずベートーベンにしました。年末に歌う予定の交響曲第9番を。

そして一筆書いて、勤め先のある街から投函しました。
たまにはこんな嬉しいハプニングもいいかなと思って。

案の定母は大喜び。あのときの輝かんばかりの笑顔は忘れられません。
父に、m ちゃんがこんなことを…と盛んに言っていました。
これをきっかけに旅先から母に絵はがきなどを送るようにもなりました。

以前Twitterでご紹介したのですが、もう一度。
今日はこの曲を聴きたくて。

Aloe Blacc - Brooklyn In The Summer





そう言えば、私はこんな風に人を驚かすことが大好きでした。
(多分これは祖父からの遺伝だと思います)

とくに母を…。
リアクションがいつも面白かったので、事あるごとに驚かしていました。

例えば。コーラスの練習から帰ってきた母のご機嫌な鼻歌が聞こえてくると
玄関に寝転がってスタンバイ。ドアが開くのをワクワクして待っていました。
ドアを開けた瞬間の母の驚く声が楽しみで。
ひとしきり驚いて、冗談だとわかって「あー良かった」なんて言って
一緒にゲラゲラ笑っていたのも今は良い思い出です。

それを見ていた父は「くだらないことをするな!」といつもお小言でしたが。
(父は冗談が通じないところがあって…)

何年か前の母が怪しくなりつつあった時、昔を懐かしんで廊下に倒れて
驚かしてみることにしたのですが…。
この頃は母との口喧嘩が絶えなかったので、気分一新してまた一緒に
笑いたかったのですが…。

廊下に寝転んで母を待っていたら、それを見つけて「やだ…具合が悪いの?」
と言いながら私の回りをうろうろ。
「パパ、大変!m ちゃんが…」と、父を呼びに行ってしまいました。
あわてて起きて、事の顛末を話すと「あぁ良かった。死んじゃうのかと思った」
と言ってほっとしていました。

なんだか悪いことをしたような気分になってしまったし、
嘘かほんとか見分けられなかったことにショックを受けました。

もちろん父には「いい歳して馬鹿なことをするな!」と叱られました。


近年母とは口喧嘩ばかりでした。傷つくことをしょっちゅう言われて
涙することも多々ありました。病気のせいだと思うけど、きつかったです。

でも今、一緒に笑うこともいっぱいあったことを思い出しました。

さっきまではちょっとへこたれていましたが、当時の様子を思い出して
笑って…。少し元気が出てきました。

良い母の日になりました。













昼下がり、アイスティーを飲みながら


今日は朝から快晴です。今もまだ日が差しています。
初夏のような日差しですが、風は涼しくてちょうどいい感じ。

今日も母の病院からの呼び出しもなく、落ち着いて過ごしています

午前中はUVカットを徹底的にして、猫を見張りながら
庭仕事をしていました。
庭が花だけではなく、雑草で賑わってきましたので。
薔薇にはアブラムシがびっしり…害虫も活発になっています。

庭仕事後の心地よく疲れた昼下がりに、なぜか一昨年の
今頃のコメントを読みたくなって、アイスティーを飲み
ながら、懐かしいコメントを読み耽っていました。
その当時を思い出しながら。

今はもうやめてしまった人たち、お休み中の人たち、
懐かしい人たち…。

女子校仲間?の、 m 12さんはお酒がお好き…。
深夜にほろ酔い気分で楽しいコメントをくださったり。
なんだかとても親近感がありました。

H音さんはミステリアスな佳人で、ブログを始めた
頃は、いろんな相談に乗っていただきました。
人の心の痛みを知る、とても優しい方でした。

ブログ開始時からお世話になっているRあさん。
この方はお姉さんのような方で、最初のうちは「コメント
がなかったら怖い…」なんて私が怯えることもありまして
そんなときは更新時にさっと来て、コメントをくださる
ことが何度もありました。本当に感謝しています。

Mかさんは根がとても明るくて、頭の良い大阪の方。
いつも元気いっぱいの鍵や拍手コメントをぎっしり
書いてくださいました。それを読むたびに笑っちゃったり、
気持ちが明るくなれました。


一昨年大好きだった…じゃなくて、今も変わらず大好きな曲です。
(このライアン・テダーはとても素敵)

One Republic - Kids




今日はこんな風に一昨年から変わったこと
変わらないことを想って過ごしていました。


ブログを始めた頃から今も来てくださる方、新しく来てくださる方…
いろんな方々の存在に支えられて、救われているとしみじみ思いました。

いつもありがとうございます。












NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

mikoto

Author:mikoto
音楽、映画、読書、写真(鑑賞)、庭仕事(カラーリーフプランツを中心に東南アジアの気配がするような庭を目指しています)、花は白、猫、自然、怪談、散歩etc…が好きな40代、天秤座・A型です。

12年前に適応障害になってから、なんだか違う世界にいるみたいです。日々浮きつ沈みつしながらも「小さな嬉しいこと」を見つけて、静かに心穏やかに暮らしたい…と思っています。なんとなく背暗向明で。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ご挨拶 (8)
私のこと (5)
家族 (21)
友人 (4)
小さな嬉しいこと (9)
日常 (37)
寂しげ… (5)
暗中模索 (7)
心穏やかな (14)
弱気 (20)
お散歩 (16)
Twitter (4)
本のこと (13)
映画 のこと (7)
庭仕事の愉しみ (6)
思い出 (17)
不思議… (7)
言の葉 (3)
夢いろいろ (3)
お気に入りのバラード (7)
お気に入りの曲 (10)
好きな風景 (11)
昔の写真 (11)
御守り写真 (4)
色のこと (2)
未分類 (35)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR