FC2ブログ

2019-04

小糠雨の日々

こんばんは。

最近は本当に暖かくなりましたね。
気候もよくなって、明るい雰囲気が漂いだして…。

でも今の私は毎日弱く降る雨の中にいる感じがしています。

最近も考えてしまうことが多くて、胃はすっかり治ったのに
食欲もなくて。ますます気力を失っています。

それに母の病院へ行くのが辛くて堪りません。
主に電車で行くのですが、観光地が近くにあるので
このシーズンは楽しそうな、きらきらした人たちでいっぱい。
大人げないかもしれないけれど、今はそんな人々を見るのが
忍びありません。

私が向かう所はとても静かで、動きが止まったような所です。

母のいる病院の病棟は、昼夜を問わず夢の中で過ごしている
人たちばかりです。それも覚めることのない夢だと思います。

でも不思議とここは暗い雰囲気がせず、ふんわり楽になれる
ような気がします。
だからたまに睡魔に襲われて、母のベッドの足元に寝転がり
そうになるのだと思います。

それにご家族のお見舞いに来ている人たちと、同じような思い
を共有している感じがあるから、落ち着けるのかもしれません。

でも道中がとても辛いのです。行くまでがしんどくて
途中で引き返して部屋に駆け込みたくなることが多々あります。

本当は楽しむ人々の姿を、温かい気持ちで眺めるべきなの
かもしれません。
情けないのですが、今の私にはそれが出来ません。

なんとか少しでも楽な気分に…とすがったものは、
楽しい思い出の詰まった写真を見ることでした。
そう言えば、これには以前から何度となく助けられていました。


久しぶりに祖父のアルバムから、です。

どこかの街。




何かの集まり。
左端のお箸を手に眼光鋭い人が祖父です。




手前の白い小さなヤギが可愛いらしくて。放し飼い?




右端の学生にもう目が釘付け…。
いつの時代にもこんなお調子者がいたんだなーと
笑ってしまいました。




10代の頃、法事で。祖父方の、はとこたちと。
小さな頃に遊んでもらったお姉さんたち。




このころの祖父はすでに惚け始めていて、この日もシャツの
上に下着を着ていたり(びっくりしました)、あらぬ方へ
よたよた歩いていくので、甥っ子たちが「叔父さん、叔父さん」
と大騒ぎしていました。

正しく着せ替えてもらったり、食事の時もあれこれ。
大人と言いますか、おじさんになった甥っ子たちにお世話されて
きっと祖父も嬉しかったと思います。

こんな微笑ましくて、時には笑える光景を思い出して
ささくれだっていた気持ちもいくらか和らぎました。
心の奥の方にある明るい光が、ほんの少しだけ強まった感じも。


Sting - If I Ever Lose My Faith In You





時々変な風に考えてしまうけど、なんとか前の方を向くように
しようと思っています。


申し訳ないのですが、今回もコメント欄をお休みさせていただきます。
毎回湿っぽくなってすみません。

いつもご訪問や拍手をありがとうございます。



うらうらに 照れる春日に ひばりあがり こころ悲しも ひとりし思へば

















時空を駆け抜けて

こんばんは。

今日は晴れてけっこう暑くなりましたね。

今は父が植えた紅葉が見頃に。





昨夜は幼い日のある出来事を思い出していました。

あれは確か、小学校の低学年のときだったと思います。7、8歳?

私たち姉弟と、近所の同年代の友人たちとその兄弟を含めた総勢6人で
ちょっと離れた公園に行った時のことです。

ジャングルジムやぐるぐる回る丸いジャングルジム?やブランコなどで
ひと通り遊んでから、みんなで鬼ごっこか何かしようと盛り上がった時、
例によって弟が「僕やだー、つまんないからやだー」とかなんとか…。
怒った年上の男の子たちに詰め寄られて、弟は泣きながら走って公園を
出ていってしまいまいました。私も大慌てで弟の後を追いかけました。

弟の後ろ姿を見て走りながら「○○はなんでいつもこうなんだろう?
私はみんなと遊びたいのに」と、弟が憎らしくもなって。
そして年上の男の子たちに何も言えず、弟をかばえなかった自分が情け
なくて、悔しくて。いろんな感情がふつふつ沸き上がって悲しくなって
私も泣きながら走りました。


まっすぐ伸びる道を、我が家目指して子供がふたり泣きながら
疾走する…周囲の人の目にはどんな風に写ったことでしょう?
走っている時、今はもうないガラス屋さんのお婆さんが店先で
「あれあれ、どこの子?」と言っていました。恥ずかしかった。

陰鬱な灰色の曇り空、古い消防署、この頃はまだあった銀杏の木々、
時々すれ違う車…あの時の空気感や映像がくっきり脳裏によみがえります。
嫌な日でした。

家の前に着くと、この騒ぎに驚いて庭に出てきた祖母に突進。
しがみついて、顔を埋めて号泣しました。

今もまた、いろんな思いを抱えて走っているような気がしています。


APES **T - THE CARTERS

ルーヴル美術館での撮影。名画の迫力もさることながら、ビヨンセの
声と存在感には圧倒されました。そして褐色の肌の美しいダンサーたち…。




今日はコメント欄をお休みにさせていただきます。
勝手を申しまして、申し訳ございません。

いつもありがとうございます。


















はなうた日和

こんばんは。

先ずはご報告です。
実は私、このところ胃弱で困っていましたが
嬉しいことに今日は胃がすっきり爽やかになりました。

先週胃痛のあった後からずっと、胃弱な状態でした。
食後に胃が少しじわじわしたり、もたれたり。
長引くようなら診てもらおうと思っていましたので
安心しました。

今回の胃の不調の原因は、多分ストレスだと思います。
先週ちょっとあったから…。
今は無事に乗り切って、気が抜けています。

なので今日は朝からだらだら…。
日の出浴をしていたら、いい気持ちになって
外の音を聴きながらぼーっと。

今朝は海からの音がよく聞こえていました。
海岸道路をバイクが走る音もよく聞こえて。

深夜にもこんな風に海の方からバイクが疾走する音
が聞こえてくることがあります。
私はこの音が好きで、聞いているとなぜかほっとします。

どこに行くのかな?若くて自由でいいなーなんて
思いながら聞いていると、そのうちうとうと…。
一種のヒーリングミュージックなのかもしれませんね。

ただし団体様のバイクの音はいただけませんが…。

前は土曜日の深夜になると、海岸道路をバイクが
集団で走る轟音がしてうるさかったのですが、
この数年はほとんど聞こえなくなりました。(解散?)


それと今日、気がついたらおやつを食べながら
はなうたを歌っていました。
お行儀が悪いし、いい年をしてお恥ずかしいのですが
私は好きなおやつを食べている時に、はなうたを歌う
ことがたまにあって…。

これは幼い頃からの癖で、よく母に注意されていました。
外では出ませんが…。
家だと寛いでいるから出ちゃうのでしょうね。

Jonas Brothers - Cool




何はともあれ、はなうたが出るくらいなら
ちょっと安心ですよね。

それと、はなうたはストレス解消にもなるそう。
自律神経や血圧の安定にも効果があるとか…。


今はお隣の柿(渋柿)の黄緑色の葉っぱがとても綺麗です。
これからは新緑の季節なんですね。














路地裏ノスタルジー

こんばんは。

今日は朝から雨がザーザー降っています。
しかも寒くて、とても4月とは思えません…。
昨日とは大違い。

昨日は朝からとってもいいお天気でした。
目覚めも(めずらしく)わりと良くて。
それに素敵な光景を見られました。

いつものように窓を開けたら、太陽が白い光を
放って上昇しているところでした。
その近くでは飛行機が暗い青空に飛行機雲を
一筋残しながら飛んでいて。

初めて見るこの光景に気分も爽快に。

この気分のまま用事をささっと済ませて帰りには
ちょっと寄り道を…。
今回はお気に入りの路地の東の方へ足を延ばして
みました。

ここには初めて目にする小さな神社を始め、
お寺や墓地が点在していました。

通りは掃除が行き届き、家の周りにいろんな植物の
植木鉢を所狭しと並べているお宅が何件かありました。
周りを家に囲まれて中庭のような雰囲気になっている
お庭もあったりして。(とても気になっています)


胸のすくような熱唱です。
Mariah Carey - Make It Happen




路地の中の、あるお宅からはテレビの音が。
また別のお宅からはお台所で何かをしている音が
聞こえていました。
こんな風に生活の音が聞こえてくると気持ちも和みます。

でも途中でちょっと迷ってしまって、出られると思ったら
行き止まりだったり、墓地だったり…。


無事に?路地から出ると、こちらでは桜が見頃を迎えていました。





さらに歩いていくと、昭和の雰囲気漂うお宅がありました。

向田邦子さんのドラマの世界観がここに…?
玄関を開けると、奥から割烹着姿の加藤治子さん
が出てきそうな雰囲気。素敵ですよね。

最近はこんな感じの塀をあまり見なくなりましたね。





帰ってからは気分もすっきり。胃弱は続いていますが…。

今日は雪が降っている所もあるそうです。
暖かくしてお過ごしくださいね。















花時

こんばんは。
今日は朝から晴れて春らしい陽気の1日でしたね。

なのに私の目覚めはまたどんより…。
先日のマインドフルネスを少々して落ち着いてから
サンドイッチを食べてなんとか普通に。


その後外に出てみると、庭はささやかながらも花や
葉っぱの色彩に溢れていました。
エニシダの黄色い花、ムラサキハナナは増えている?
朱色のボケ、オリーブのシルバーリーフ、ニューサイラン
の銅葉、ベニバナトキワマンサクの紅い葉など。

こんな様子を見ていると、植物の生命力に感化されて
元気が出るような気がします。そして園芸魂に火が…。


一昨日の朝、朝刊を取りに行ったときには
コバノランタナがいっぱい咲いていたので
びっくりしました。




ポリゴナム。
金平糖のような可愛いお花が地面に広がって咲いて
いる様子は、まるでピンクのカーペットのようです。
こぼれ種で石垣にくっついて咲いたりもしています。



この花は父がせっせとあちこちに植えていました。
石垣に種をくっつけたりも。
雑草と間違えて取ってしまうとカンカンになって
怒って。ペースメーカーが誤作動しないかと心配に…。


こちらは鮮やかな紫色のブッドレア(だったと思います)
左隣は以前ご紹介しました紫陽花です。
枯れ木に細々と芽吹いていたのに今は立派な葉っぱがこんなに。




そして今話題の?ハナニラ。少し紫がかっています。
近所の石垣にくっついて咲いていました。





Mike Posner - Move On

Move On のこと





こちらは一昨日撮ったご近所の桜です。
今日はもっと咲いていると思います。
やはりまだ、胸に込み上げるものがあって
複雑な思いで眺めていました。




植物からエネルギーをいっぱいもらって元気になって
良い週末をお過ごしくださいね。














NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

mikoto

Author:mikoto
音楽、映画、読書、写真(鑑賞)、庭仕事(東南アジア風?の庭を目指しています)、旅、猫、自然、怪談、散歩etc…が好きな40代、天秤座・A型です。
11年前に適応障害になってから、なんだか違う世界にいるみたいです。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ご挨拶 (8)
私のこと (5)
家族 (20)
友人 (4)
小さな嬉しいこと (10)
日常 (37)
寂しげ… (4)
暗中模索 (6)
お散歩 (15)
好きな風景 (8)
昔の写真 (9)
心穏やかに (9)
弱気 (17)
本のこと (11)
映画 のこと (2)
庭仕事の愉しみ (7)
思い出 (12)
不思議… (8)
お気に入りのバラード (5)
未分類 (44)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR